海外進出をサーポート。アジア圏にも強く貴方をサポートいたします!

翻訳や通訳で、海外進出をサポートします!

チンギス・ハーンが作り上げたモンゴル帝国 後編

さてさて、前回に引き続きモンゴルのお話しです。

 

まず金融事情です。

モンゴルは、定期預金の利率が良く、お金の運用では定期預金が一番だそうです。

例えば、3ヶ月から24ヶ月までの期間で定期預金の利率が設定されており、
利率は最高で年利14%。

ちなみに、モンゴル国外からの送金やモンゴル国内への送金も自由で、
この点が中国などと大きく異なるところです。

一方、商業銀行の貸出金利は日本と比べてかなり高く、
2010年の金利は年利11.7~27.8%だったそうです。

モンゴルの金融市場の競争は不完全で、資金調達コストが高く、税負担も重い。

金利は高く、融資は短期的で投機的なものが多いうえに、貸し出し規模も小さい。

そのため事業に当たっては、ある程度の運転資金を資本金に加えて、
資金調達に余裕を持たせておくことが必要なようです。

 

人口は約280万人で、若い人が多いというものの、全体として労働人口が少ないです。

また、モンゴル人は技術力を身につけていないので、
雇用に関しては中国人が多いようです。

しかし、外国人労働者に対しては結構厳しくて、
一時的に働く、いわゆる海外労働者は、
基本的にモンゴル政府に対して労働税を払わなければならないのです。
これがまた非常に高いんですよ。

しかし、北朝鮮からの出稼ぎ労働者に関しては例外的に一切税金がかかりません。

え~、なぜ?

実は、モンゴルは20年前まで社会主義だったこともあり、
現在でも北朝鮮とは太いパイプがあるからです。

北朝鮮からの労働者は非常に多いのですが、
北朝鮮の貴重な外貨獲得の手段となっている現状があります。

近い将来、朝鮮半島で大きな変革が起こった時には、
北朝鮮・韓国のいずれとも親しい関係を築いているモンゴルは
政治的に貴重な役割を果たすかもしれません。

 

海洋に接していないので、輸送は中国かロシアを通して行わなければならないし、
おまけに冬は気温がマイナス30度になる非常に寒い国なので結構大変。

 

次は住宅事情です。

都市部のマンションの傾向は、40~55?の1K、ILDKのワンルームマンションのタイプが多く、
これは中間層をターゲットとしています。

ウランバートルのマンションは全てセントラルヒーティングになっているので、
このための熱源は火力発電所が供給しています。

日本と異なり、モンゴルの発電所では電気だけでなく熱も供給しています。
石炭火力発電所であれば石炭を燃やし、
タービンを回して電気を作るのと同時にボイラーも使ってお湯も沸かします。

そしてできたお湯をパイプラインを通して市内中に流しており
建物には配管が張り巡らされ壁の上から下まで暖まります。
この暖房管理をすべて国で行っています。

ゲル地区というインフラが未整備な地域がありますが、
ここではセントラルヒーティングは行われていません。
タンクに水を入れて自分たちで沸かして暖房をしています。

そのための熱源として石炭を生でそのまま燃やしているので、
そこから発生する煙が大気汚染を引き起こして社会問題化しているようです。

 

かつてチンギス・ハーンが作り上げ、ユーラシア大陸のほとんどを
支配下におさめたモンゴル帝国。

鎌倉時代の日本に対しても2度にわたり侵攻してきたことはよく知られていますね。

1911年に中国から独立し、
その後、1990年にソ連の支配下から脱却し社会主義から市場経済へ移行しました。

資本主義経済や自由主義という思考回路が導入されて
わずか20年程度しかたっていないのがモンゴルです。

2012年は日本とモンゴルが国交正常化して20年の節目に当たる年です。

日本とモンゴルは、お互いに基本的な認識が進んでいないのも事実ですが、
資源が豊富なこの国と
今後パートナーシップによりビジネスが発展すればいいですね。

チンギス・ハーンが作り上げたモンゴル帝国

モンゴルと聞いて何を連想されますか。

見渡す限りの広い草原と馬、
ゲルと呼ばれる移動用のテントや遊牧民、
あるいはモンゴル出身の力士でしょうか。

日本人の赤ん坊のお尻に見られる蒙古斑という言葉や
欧米人から見た黄色人種を意味するモンゴロイドという表現もありますね。

そんなイメージや日本人との共通点から何となく身近に感じられる国ですが
モンゴルと日本は今日までビジネスレベルでの交流が
ほとんどおこなわれていません。

モンゴルは中国の一部だと思っている人もいます。
中国の一部である「内モンゴル自治区」にはモンゴル族が多いので、
モンゴルと間違いやすいのかもしれません。

モンゴルは、世界で18番目に国土の広い国ですが、
人口は278万しかおらず、大阪市と同じくらいなんです。

その人口の半分が首都ウランバートルに集中しています。
しかも人口の50%以上が25歳以下の若者です。

男女比が男49.5対女50.5と、女性の方が多く、
町中には元気な女性があふれており活気づいています。

若い女性が多いのは、モンゴルの将来の発展が明るいことを表しています。

新しくオープンした資生堂の高額商品も売れていると言うし、
おしゃれに目覚めた女性たちは必需品だけでなく
贅沢品を含めた消費意欲が強いようです。

女性たちは向学心も旺盛です。

横綱白鵬と、元横綱朝青龍の母親はともにモンゴル国立大学を卒業しています。

同大学は日本でいえば東京大学。

言うまでもなくエリート校で、両横綱を育てたインテリお母さんの力強さに
圧倒されるものがありますね。

教育に関して言うと、モンゴルの識字率は98%以上と非常に高く、大学の数も多い。
歴史的な背景から2ヶ国語、3ヶ国語を操る人も多く、
モンゴル人の基礎学力の高さを表しています。

ちなみに日本には現在約1200人のモンゴル人留学生がいます。

モンゴルは、いろいろな意味でとても身近な国なんです。

時差は日本からマイナス1時間、飛行機でわずか5時間程度の距離しかなく、
成田からの直行便が夏場はほぼ毎日、冬場も週2便が運航しています。

夏場には関空からの直行便もあります。

モンゴル語は、文法が日本語とほぼ同じで、
単語さえ覚えてしまえば英語や中国語よりも簡単に習得しやすいんですよ。

そういえば、モンゴル出身の力士は、日本語上手ですよね。

民族的にも、日本人や韓国人ととても近く、
見た目だけでは国が違うとは判断できないような人も数多く見受けられます。

ただ大きく違うところと言えば、モンゴルの文化は遊牧民の文化であること。

典型的な農耕民族である日本人の気質とは大きな違いがあり、
文化については、アジアと言うよりは
むしろヨーロッパの影響を強く受けているようにも感じます。

世界旅行編 金銭感覚の少しおかしいブータンの人々

こんにちわ!
グローバルアシストの船曳です!

前回はブータンのお話をさせて頂いたのですが、たくさんの方から「面白かった」と言って頂けてホッとしています。

中でも反響が大きかったのが、「夜這い」のお話でした。

ですが、付け加えておかなくてはいけないこともあり、今回もう1回
ブータンのお話をすることにしました。

前回お話しした「夜這い」の慣習は別にそんなに突飛なことではなくて、
要は村社会ゆえのことなんです。

例えば人口が100人ぐらいしかいない村だったら、
お年ごろの人なんてもう10人ぐらいしかいない、というわけで、
基本的にみんなが知り合いです。

その中で、誰と誰がくっ付くんだろうな、というのが全部見えていると、
そういう話になるんですよね。

この日本の都会を想像してみてください。
知らない人が夜にやって来て、何かされたから結婚か、みたいなこととは、
まったく違う次元の話だということとご理解下さいね。

あと、ブータンでは婚姻関係の縛りもわりとゆるく、結婚と離婚を繰り返す人も多いので、みんな、やたらと親族が多いそうです。

だからブータンでは、一緒に仕事をする人については、
誰と従兄弟だとか、誰の義兄だとか、
そういう親族関係もまず頭に入れておく必要があるようですよ。
大変ですね。

さて、今回お話ししたかったメインは、ブータンの人々の金銭感覚についてです。

ブータンの人たちのメンタリティの底には、
「人生何が起こるか分からないから、今を楽しまなきゃソン」という認識があります。

なので、日本人の金銭感覚からすると、「えっ、そんなに高いものを買って大丈夫?」
ということはしばしばあるようです。

例えば車です。

ティンプーは首都といっても、町の中心に信号が1つくらいしかないのですが、

信号が1つしかない!と聞くと、ひなびた田舎町を想像してしまいますよね。
走っている車も中古がほとんど、というイメージが浮かびますよね……。

ところが実態は全然違うようですよ。
そんな街に、ぴかぴかの新車がけっこう走っている。
トヨタからスズキからヒュンダイまで、新車がけっこう走っています。
数百万円するトヨタのランドクルーザーも走っています。

中流家庭には大型液晶テレビがありますし、
iPhoneのユーザーも珍しくありません。

公務員で月給2万円くらいですが、給料の2ヶ月分くらいするiPhoneを平気で買います。

「なぜiPhoneを買ったの?」と聞くと、
「えー、だって、便利じゃない?」と軽くかえってきます。

収入に見合わない消費をブータンの人々はなぜ気軽にしてしまうんでしょうか。

3つ、大きな理由があります。

1つは、もともと快楽主義的な文化がブータンにはある、ということ。

2つめは、貨幣経済が身近になったのがわりあいと最近である、ということ。

最後に、これもブータンの文化的な側面ですが、あまり先の計画をしないということ。

余談ですが、ブータンの人たちは仕事の予定も、
頭で記憶できる範囲までしか立てないそうで、
政府で働く官僚も含めて、ほとんどの人が手帳もカレンダーも持っていない。

貨幣経済についていうと、
そもそもいまでも貨幣をあまり使わずに暮らせる側面が、
とりわけ地方にはあります。

なぜかというとブータンは今も国民の7割が農業の従事者で、
生活のほとんどが村の中で自給自足できています。

民間の産業的な仕事は観光業くらいしかなく、
少し前までは、本当に、自給自足で農業をしている人たちと、
あとはお役人しかいない、という構造だったのです。

どこかに勤めてお金を稼いで、その稼いだお金で物を買って、
という消費経済のサイクルが生活の中になく、
同時に市場経済がまだメジャーではなく
少し前までのブータンでは、お金を使う場面そのものがなかったようです。

ティンプーでは地方から若い人たちが続々とティンプーに出てきていて、
過去5年で人口が2倍になりました。

つまり、今ティンプーにいる人の半分は代々地方に住んでいて
最近都市部に出てきた人、ということになります。

ティンプーでは経済状況を巡る変化のスピードが速まっていますが、
子どものころから、お金を稼いでモノを買ったり貯金したりという経験がないので、
お金の価値やその裏にあるリスクとかは、
いまひとつ理解されにくいのだと思います。

そんな中、首都ティンプーでは都市化が急速に進み、貨幣経済が広まり出して、
ローンというものが出てきました。

つまり自分が現金を持っていなくても、借金すれば何でも買える。
そうすると、「とりあえずほしいもの、買っていいんじゃない?」
と、思えてしまう。

「これは収入に見合わないんじゃないか」
「何割かは貯金に回した方がいいんじゃないか」といった思考にならないのですね。

ブータンの銀行は、貸し付けの基準や審査がすごく甘いく、
どんどんお金を貸し付けるものだから、借りる方は、
「何だか仕組みは分からないけど、『買える』んだから『買っていいんだ』」
という理解になってしまって、買える財力がないのに買っちゃっている人たちが増えている。

この危うさは、今後どういう形で問題化していく可能性があるかというと、
ブータンという国の舵取りを、ブータンができなくなることです。

たとえば、もし銀行が貸し倒れを起こして、政府もそれを救済できなかったとすると、
国のお金に外資やIMF(国際通貨基金)が入ってくるような場合も出てくるのではないかと。
そうすると、必ずしもブータンの人たちが思う政治ができるとは限らない。

ブータンのバブルは、ブータンの人たちの刹那的なところだとか、
「人生楽しまなくちゃ!」という快楽的なところだとか、
実にブータンの人たちらしい性格から生まれているところも大きいでしょう。

でも、ブータンの人たちがブータンの人たちらしくあり、
ブータンが「幸せの国」であり続けるには、一人ひとりが、
お金について正しく理解し、現実的に向き合えるようになることは
大切なことなのではないかと心配をしてしまいます。

日本人の感覚とは大きく違っていますが、ブータンという国は、
いつまでも国民が幸せだと感じる国でいてほしいですね。

いつか、一度は行ってみたい国です。

このページの先頭へ