海外進出をサーポート。アジア圏にも強く貴方をサポートいたします!

翻訳や通訳で、海外進出をサポートします!

スペイン車からガンダム風電気自動車を新潟で極秘開発中!

今回は、少し楽しい話題です。

地方も頑張っているなと嬉しくなりました。

環境に優しい「近未来の日常の足」として注目を集める電気自動車(EV)。
なかでも、軽自動車より小さい1~2人乗り用の
「超小型モビリティ」の開発競争が激しさを増しています。

日産自動車の「ニューモビリティーコンセプト」や
ホンダの「マイクロコミューター」など大手自動車メーカーが先行するなか、
さらに新しいコンセプトの超小型EVが、実は新潟県で開発されています。

なぜ、新潟なのか――。

新潟県は地域経済活性化のために新産業の創出を目指しており
昨年12月、小型電気自動車の日本市場導入に向けた
研究活動を開始すると発表し
「新潟県小型モビリティ推進委員会(委員長:大聖泰弘・早稲田大学教授)」を
設置しました。

国内大手自動車メーカーの生産拠点を誘致するのではなく、

海外の車体をベースとした超小型EVを採用し、

エネルギーや環境などの面の課題を解決する狙いとともに、

地元企業の叡知を結集させ、車体の生産から運用、

サービスに至るまで総合的に産業振興を図るプロジェクトとなります。

もともと自動車産業は少なかったのですが、
情報通信(IT)関連など電子技術に優れた中小企業が多く、
新潟でのEV産業発展にはポテンシャルが大いにあるとの判断です。

新潟県としては、新産業創出に必要な最初のリスクマネーを拠出するほか、
企業同士のコラボレーションを促すなどして、
委員会を通じて事業体制やビジネスモデルの構築を支援していくようです。

新潟県がベース車として選んだ車体は、スペインの「Hiriko(ヒリコ)」です。

同国バスク自治州政府や、このヒリコの普及を手がけている
フォー・リンク・システムズ(東京都中央区)と組んで、
ヒリコの“日本版新潟モデル”の開発、導入を目指しています。

ヒリコの大きさは全長が2.5メートルで、幅が1.7メートル。
最高速度は時速90キロメートルで、航続距離は約120キロメートル。
スペインでの販売価格はバッテリーを除いて1万2000ユーロ(約160万円)。

4つの車輪の向きがそれぞれ変わるため、
その場で車体が360度旋回するなど、自由に方向転換できます。

前方部と後方部の一部がスライドする構造になっており、
折り畳むような格好で前輪と後輪との距離(ホイールベース)が縮むと
全長は1.5メートルまで縮小。

このため狭いスペースにも駐車できます。

その動きはまるでロボットのようで、クルマが小さくなったというよりは、
おもちゃがクルマになった印象だそうです。

もっとも、このスペイン版ヒリコは、そのまま日本で走らせることはできません。

1.7メートルある幅を軽自動車と同じ1.48メートルに狭める必要があるからです。
物理的な要素が大きく変化すれば、制御系システムなども変えなくてはなりません。

この国内仕様に改良される、
新潟モデルの組み立てやメンテナンスを手掛けるのは、
フォー・リンク・システムズの100%子会社
「Hiriko JP(ヒリコ・ジェーピー)」(新潟県柏崎市)で、

来年3月末までをメドにプロトタイプを完成させる予定です。

制御面などの課題をクリアした完全な動きを実現できる車体の開発には、
さらにもう少し時間がかかるでしょうが、
来年中には実車が披露される見通しとのこと。

従来のビジネスモデルにはない新しいコンセプトは、

開発技術や製造の面にとどまらず、
将来の販売方法や普及のさせ方にも及ぶようです。

1つの形として、個人のエンドユーザーを対象としているのではなく、
街づくりと連携したカーシェア・サービスのようなイメージになるようで

自治体を通したスーパーや商店街などが視野に入っているようです。

この新潟モデルのヒリコの車体デザインを任されたのが

人気アニメ『機動戦士ガンダム』に登場する「モビルスーツ」のデザインも手掛けた
大河原邦男氏です。

新潟モデルのヒリコは、スペインのプロトタイプのような丸っこさとは対照的に、
角張ったメカニカルな風貌になるということです。

そもそも万人受けするデザインなどあるはずはなく、
定評のある斬新なデザインこそが息の長い人気につながると確信しているとのこと。

この“ガンダム風”新潟モデルのヒリコのデザインは、
11月下旬に始まる東京モーターショーで、
実物大模型として初めてお披露目されることになります。

超小型モビリティは、環境に優しいうえ、安全技術がさらに高度になれば、
高齢者や体が不自由な人の移動手段としても
応用の幅が広がる可能性のある乗り物と言えます。

新潟県でのこの試みは、車体の斬新さだけでなく、
高齢化や雇用の少なさに悩まされている地方の活性化につながる
大きなヒントの1つとしても、これからさらに注目を集めそうですね。

 

「アンバサダーマーケティング」のひろがり

「アンバサダーマーケティング」という言葉をご存知ですか。
耳慣れない方もいらっしゃると思いますが、
今回は、この話題をお送りしますね。

最初の質問です。
Evernote(エバーノート)ってご存知ですか。

Evernote(エバーノート)は、ノートを取るように情報を蓄積する
ソフトウェアであり、ウェブサービスです。

パソコンやスマートフォン向けの
個人用ドキュメント管理システムとも言えます。

エバーノートは世界に7500万人超のユーザーを抱えています。

「すべて記憶する」サービスで、日本にも多くのヘビーユーザーがいますが、
黎明期の日本での広がりには、
自然発生したファンが大きく貢献していたんです。

1本目の記事をきっかけに、多くの日本のブロガーが
エバーノートのベータ版に申し込み実際に使ってみて
利用レビューなどを書いていたのです。

実はエバーノートは、ほとんど宣伝広告費をかけていないのです。

自然発生的なファンとのコミュニケーションを通じ、
熱烈なファンとコミュニケーションを取ってきたのです。

これが、エバーノートのクチコミの広がりに大きく貢献したのです。

2013年4月には、「Evernoteアンバサダープログラム」を日本でも開始し、
黎明期からエバーノートを応援してきたユーザーを
アンバサダーとしてサイトで紹介しています。

ここからが、今回の話題のテーマになります。

二つ目の質問です。

「アンバサダーマーケティング」という言葉をご存知ですか。

最近ではマーケティングで「アンバサダー」という言葉を
よく見かけるようになりましたが、どんなものか紹介しますね。

まず、アンバサダーという言葉ですが、

英語では「ambassador」で、「大使」「使節」のことです。

マーケティングでもその意味を拡大して使用しているようです。

最近、この「アンバサダー」と聞いて、
真っ先に思い出すのは「ネスカフェアンバサダー」ではないでしょうか。

このケースでは、「アンバサダー」は、

1) オフィスに製品を設置するとともに、コーヒーを楽しんでいる様子を投稿する

2) 通販オンラインショップで定期便を申し込む

3) 定期的にアンケートに回答する。

などの役割を果たすことになります。

ここで使う「アンバサダー」は、
その製品のファンであったりロイヤリティの高い人です。

そして、リアルまたはウェブでの口コミを通じて
情報の拡散を起こしてくれる可能性の高い人たちです。

この「アンバサダー」が、企業と一般的な消費者との間で、
ブランドの認知度アップや普及を努めることになります。

また、この活動によって、長期間にわたるブランドのファン育成や
絆づくりにつながることが期待されます。

このような仕組みがアンバサダーマーケティングと呼ばれています。

アンバサダーマーケティングでは、企業は活動をプログラムとして体系化し、
その中で、「アンバサダー」へ情報提供や活動支援を行い、
信頼を得て、さらに企業やブランドの
ファンになってもらうことが目的となります。

また、「アンバサダー」を通じて、顧客を増やしたり、
次なる「アンバサダー」を育成することも可能となります。

従来のマス広告の手法や一方的な情報提供が十分機能しなくなっている中で、
最近では顧客との絆を強めたり、商品を共創する重要性が叫ばれおり、
こうしたマーケティングが実践され始めたのです。

この活動を実施する上でのポイントとして大きく3つあります。

1.「アンバサダー」の条件が十分満たされていること

例えば、

1) ブランドの利用経験があり、そのブランドに対するロイヤリティがあること

2) 他人への影響力を持っていること 

3) 情報発信力があり、拡散するパワーが強いこと 

4) その製品の使い方や関連情報にも詳しい 

2.役割が企業と「アンバサダー」の間で合意、納得されていること

「アンバサダー」の役割は、「広告」ではなく「PR」となります。

つまり、企業側に偏った情報ではなく、
自身が使ってみた経験談や感想を発信したり、
自らの意思で新らしい用途提案を行うことが前提です。

ここに「自主性」「主体性」をもち、
その前提の中で、製品の紹介、情報提供、試用の推薦、
イベントの案内、アンケートへの回答など、企業と合意した活動を行います。

3.このプログラムを実行する場合、何をゴールにするか?が明確であること

とはいっても、最初から明確な指標を設定することは難しいので、
小さく始めて少しずつ大きく展開することで、
検証と改善を進めることになるでしょう。

企業側とパートナーなることを基本コンセプトして、
アンバサダーマーケティングのプログラム化を企画、検討する企業が
今後増えてくるのではないでしょうか。

 

パラオ、楽園のもう1つの素顔 中国海軍活動の要衝

ダイバーであれば、一度は行きたいあこがれの場所、パラオ。
美しい海と穏やかな時の流れ
そんなイメージをくつがえすかもしれない今回の記事です。

私たち日本人が見慣れている世界地図は、
だいたい真ん中あたりの位置に日本列島があります。

日本の左側、
つまり西側には朝鮮半島と中国大陸があり、
左下(日本の南西)にインドシナ半島が伸びています。

日本の南にはフィリピンやインドネシアなど
東南アジア諸国連合(ASEAN)の国々が散らばっていますね。

ふだん「日本の周りの国々」とか「東アジア地域」を考えるとき、
多くの日本人の頭に浮かぶのは、この程度の範囲の地域ではないでしょうか。

インドはちょっと遠いし、オーストラリアを「アジア」と呼ぶには
違和感がありますよね。

ところが日本には、普段は意識に上がってこない
アジアの近隣諸国がたくさんあるんです。

フィリピン諸島の東側に広がるのが「ミクロネシア」と呼ばれる地域です。
パプアニューギニアから東方の海域と群島は「メラネシア」と呼ばれ、
さらに東側には広大な「ポリネシア」が広がっています。

私ごとになりますが、私が一番最初に行った国は、
この地域にある、ニューカレドニアでした。
フランス領だったので、フランス語が日常的に使われていて
日本人はまだ非常に少なく、フランス人をはじめ欧米人が多く滞在していました。

その頃、『天国に一番近い島』という本が出て、一気に有名になりました。

話を戻しましょう。

地図はたいてい陸地を中心に描かれるので、
これらの小さな島国は割愛されてしまう場合もあります。

とりわけ中国大陸やインドシナ半島が大きい「東アジア」の地図となると、
ミクロネシアやポリネシアは、はるか右の方に押しやられてしまいます。

ここに日本人が忘れがちな大きな盲点があります。
ミクロネシアの島々は、日本列島の南端である沖ノ鳥島の目と鼻の先にあり、
まぎれもない日本の近隣国なのです。

青い水とサンゴ礁が広がる海。
熱帯魚やイルカとたわむれる静かで平和な群島の生活――。

パラオ共和国は、ミクロネシア地域の西端に位置する海上の楽園なのです。

しかし、一見争いごとと縁がなさそうな、このパラオを一皮むくと、
世界の大国が激しい覇権争いを繰り広げる“戦場”の素顔が浮かび上がります。

今回この国で「未来世紀ジパング」の番組取材が行われましたが、
取材班が迫ったのは、札束が飛び交う経済外交の攻防戦。

そして目的不明の怪しい船がパラオ近海を行き交うという、
生々しい現実だったようです。
のどかなイメージとは裏腹に、この地域はまさに「一発触発の現場」です。

では、今度は海を中心に東アジアの地図を見てみましょう。
よく見るとパラオの重要性は一目瞭然です。

米国第七艦隊は、
東経160度線以西の太平洋を担当海域としており、
このミクロネシア一帯で海洋軍事力を強める中国とにらみ合っています。

中国の軍事戦略上の概念では、
日本の九州―沖縄―台湾―フィリピン・ルソン島―ボルネオ島・ブルネイ・マレーシアを結ぶ線は「第1列島線」と呼んでいます。

その外側にあたる
伊豆諸島―グアム・サイパン―パラオ―パプアニューギニアをつないで
弧を描くラインが「第2列島線」です。

パラオはまさにその中心とも呼べる要衝にあるのです。
ここは、中国にとって対米防衛ラインだとされています。

この第2列島線は、台湾に有事が起きた際に、
中国海軍が米海軍の増援を妨害する海域と考えられています。

軍事力の増強で第1列島線の海域での海軍活動に自信を深めた中国が、
いま注目しているのが、この第2列島線だとされています。

パラオが中国だけでなく、台湾、日本、米国にとっても
戦略的に極めて重要な「ホットポイント」であることが分かると思います。

そのパラオは、熱烈な親日国であることは、あまり知られていません。

スペイン→ドイツ→日本→米国と統治国が移り変わったため
パラオの人々の生活には、今なお多くの「日本語」が息づいています。

パラオ共和国の一部であるペリリュー島は、
太平洋戦争中、日米間で激しい戦いが繰り広げられた古戦場です。

多くの戦死者の鎮魂のため、今も「ペリリュー神社」が、ひっそりと建っています。
地元の人たちの手で戦跡を保護し、
悲惨な戦争の歴史を今に伝える努力を続けているのが、パラオ共和国です。

人口2万人の小国ですが、日本を慕い、
日本の価値観や文化を理解してくれる国が、南太平洋に浮かんでいます。

米中の大国の間に挟まれ、国際政治の風向き次第では、
荒波にのまれて沈没しかねない小さな国です。

東アジア地域と世界の平和と繁栄のために、
私たち日本人と日本国は何ができるのでしょうか。

テレビ東京系列で本日(11/4)夜10時から放送
「未来世紀ジパング」が放送されます。

もし見ていただくことができれば、
美しい南洋の島国の地に立ち、
取材班がとらえた衝撃的な映像の数々から、
「未来世紀ジパング」のあるべき姿が見えてくるのではないかと
アナウンスされています。

こんな国もあることを知っていてくださいね。
 

このページの先頭へ