海外進出をサーポート。アジア圏にも強く貴方をサポートいたします!

翻訳や通訳で、海外進出をサポートします!

オーストラリアのソーラー・シティの斬新な都市計画

今日はオーストラリアのお話です。

2011年度の調査ですが、ソーラーパネルの新規設置数が世界一の国は
どこだと思いますか?

じつはオーストラリアなんですよ。

オーストラリアでは、大規模なメガソーラー設置というよりも
そのほとんどは家庭や中小企業の屋根に設置されています。

なかでも南オーストラリア州の州都、アデレードは、
太陽光発電を推進する「ソーラー・シティ」として知られています。

不動産の産業団体による調査で「オーストラリアで一番住みやすい都市」に
2年連続でトップに輝く街なんですよ。

緑あふれるアデレードの市内。

この街を巡回する無料大型バス「アデレードコネクター・Tindo」は
動力の100%を太陽光でまかなう世界初の公共グリーンバスです。

1回の充電によって200㎞走行することができます。

アデレードの夜を彩るソーラー式街灯も市民に支持されています。

「フェスティバル・シアター」に設置された街灯は
ユーカリの木の葉の形をしたチャーミングなデザインです。

2012年7月に全国的に導入された炭素税のこともあり、
太陽光発電などのクリーンなエネルギーの重要性はますます高まっています。

教育面でも改革は進んでいます。

2014年までに250の学校の屋根にソーラーパネルを設置することが
公約されており、順調に進んでいます。

環境問題に取り組むという点では、
隣の州の州都であるメルボルンもCO2排出量の削減に真剣に取り組んでいます。

特に、歩いて集団登下校する「ウォーキング・スクールバス」プロジェクトと
いうものがあり、これが好評なんです。

どんなプロジェクトだと思いますか?

オーストラリアでは登下校に車が使われることが一般的な現状ですが、
車を使わずに徒歩通学を推進しています。

そのためにボランティアの親達が
エリア内の生徒を学校まで引率する取り組みです。

オーストラリアでも児童の肥満が問題になっており、歩くことにより
健康面でのメリットも評価されています。

さらに面白い取り組みがあります。

田舎に住む子どもたちは、有機肥料を使う農地や雨水タンクなどを
目にしながら育ち、サスティナブル(sustainable)生活に接しています。

サスティナブルの意味は、「地球環境を保全しつつ持続が可能な産業や開発など」
のことを言います

一方、都会の子どもたちはなかなかそのような機会はありません。
そこで人気を集めているのが、「レンタ・チュック」という会社が始めた
鶏のペットのレンタルです。

「レンタ・チュック」とは、
鶏2羽に加え、オーガニックの餌と小屋を6週間レンタルします。

飼い始めて2週間以内に、大体1羽1個のペースで卵を毎日産んでくれます。

「スーパーで買う卵より味が濃厚でおいしい」という利点のほか、
生産工程でのCO2排出量はほぼゼロ。
鶏は庭さえあれば都市部の家庭でも飼いやすい上、
残飯を食べてくれるという、うれしいごみ削減対策にもなります。

多くの利用者は鶏に愛着がわき、
レンタル期間終了後は買い取ってペットとして育てるそうです。

面白いですね。

食育といえば、校庭の畑で野菜を育て、
地元のシェフを呼んで子どもたちと一緒に料理をする
「キッチン・ガーデン・プログラム」も国内各地の学校で進んでいます。

最後に、「パーマカルチャー」について。

これは、permanent(持続的)、agriculture(農業)とculture(文化)を
掛け合わせた造語です。

余談ですが、オーストラリアは、日本の里山に代表される
自給自足の暮らしを推進する「パーマカルチャー」発祥の地なんです。

各地に自給自足のライフスタイルを提唱するコミュニティーがあり、

ゴールドコースト北方のマレニーや南方にあるバイロンベイが代表的ですが、
都市部にもエコビレッジは点在します。

たとえば、アデレードにある「クリスティーズ・ウォーク」は
27の集合住宅で構成される都会のオアシスですが、
リサイクルされた建築材でつくられ、太陽光発電システムでつくった電気を使い、
雨水タンクでためた水を洗濯などに使っています。

ハーブなどを植えて住民の間でシェアするコミュニティーガーデンは
交流の場にもなります。

エコアイデアを共有する人たちが同居する街で、
サスティナブルな将来を担う子どもたちが育っていくのだそうです。

とっても素敵だと思いませんか?
日本でも何かできないものでしょうか。

スカイマークは生き残れるか

毎日、実にいろいろなニュースがありますが、
今回は、飛行機好きの私が個人的に気になる話題を取り上げてみました。

スカイマークが、A380の購入契約を解除したというものです。
あ、違います。
正確にはエアバスに契約を解除されたというニュースです。

1機目はほとんど完成の状態、2機目も間もなく完成という段階だそうです。

そんなな中、スカイマークがメディアで発表している内容(表現)は、
少し都合よく脚色が入っているように感じています。

現実はどうなのかというと、

そもそも、エアバスがスカイマークとの契約解除に踏み切った発端は、
今年4月に支払う予定だったA380の前払い金8億円分が
未納になったことにあります。
これ以降、エアバスはスカイマークと交渉を重ねましたが、
支払い能力がないと判断してA380の契約解除に踏み切ったのです。

なぜ、そう判断したのか?

1番目は、まず業績の悪化です。
スカイマークが発表した2014年4~6月期の最終損益は57億9500万円の赤字。

売上高は前年同期比1.5%減の181億9400万円でした。
提供座席数は前年同期と比べて8.7%増えたものの、
LCC(格安航空会社)などとの競争が激化し、
旅客単価が下落したことが大きな要因です。

加えて、今年6月から運航を始めたエアバスの中型機「A330」の
導入に伴うコストも増えました。
例えば、航空機材費は前年同期比25.4%増、
運航乗務員の訓練費用は同397%増、整備部品費も同13.3%増となっています。

CAの制服をミニスカートにするという発表もありましたが、
これもかなりの費用がかかっているようです。

二つ目、
スカイマークの経営の特徴の1つが航空機をリースで調達していることにあります。
現在、中型機の「ボーイング737」30機と、
今年から導入を始めたA330が2機の、合計32機で運航しています。
この航空機が、ともすればリース会社に差し押さえられる懸念があるのです。

航空業界では一般的に、リース会社が航空会社に機材を貸し出す際、
契約には「クロスデフォルト条項」を添えることが多いのです。

クロスデフォルト条項とは、債務者が1つの債務に対して
返済を履行せずに債務不履行になった場合、
債務者が抱えるほかの全ての債務についても契約の満期を待つことなく
返済を要求できるというものです。

もう少し分かりやすく言うと、
航空会社が取引先のどこかの会社に対して債務不履行になった場合、
リース会社はそれがたとえ自社の契約でなくても、
リース中の航空機を差し押さえることができるのです。

つまりスカイマークはA380の契約で債務不履行に陥ったということで、
契約の中に「クロスデフォルト条項」が添えられていれば、
リース会社はこの先いつでも飛行機を差し押さえられるということです。

それに加え、スカイマークは現在、20社近くのリース会社から航空機を調達しており、
20社もの会社に交渉をしていくことは時間的にもなかなか難しく、
ある関係者は「少しでも被害を最小限に食い止めるために、
航空機を差し押さえるリース会社が出ても不思議ではない」と明かしています。

仮にリース会社が航空機を差し押さえればどうなるか。

飛行機がなければ、航空会社の経営は途端に立ち行かなくなります。

さらにスカイマークの場合、効率的な機材繰りを強みにしており、
1機当たりの1日の飛行時間は平均6時間55分で、
1日の平均フライトサイクルは実に4.95回です。
逆に言えば、たった1機でも差し押さえられてしまうと、
欠航・運休などの甚大な影響が出るということです。

三つ目
現在のスカイマークの窮状を見た取引先や利用客が
破綻のトリガーを引く懸念があります。

どういうことかというと、仮にスカイマークの信用不安がさらに広がり、
破綻の懸念が深刻化すればどうなるか。

利用客からも何らかのアクションが起こる可能性があります。
中でも怖いのが、既に購入済みの航空券の払い戻しを求めるという、
ある種の“取り付け騒ぎ”です。

日本航空の破綻前の例では、経営難が深刻化した頃から、利用客の間では、
購入済みの航空券やマイレージの“取り付け騒ぎ”が起こり始めました。

幸いなことに、スカイマークにマイレージ制度はないので
JALが破綻前後に経験したようなマイレージの
“取り付け騒ぎ”が起こることはないでしょうが、
航空券の払い戻しを求める利用客が一定数出る可能性はあります。

そして、この払い戻し件数が増えるほどスカイマークの
キャッシュフローは圧迫されていきます。

4つ目
さらに破綻につながりかねない要因が手元資金の乏しさです。
同社の手元資金は今年3月末の時点で約70億円しかありません。

この状況で仮にリース機が差し止められて運賃収入が大幅に減ったり、
航空券の払い戻し件数が増えたりすれば、資金ショートに陥りかねません。

 「当面の運転資金はあるので、さほど危機的な状態ではない」

7月29日、A380の契約解除の会見で、
スカイマークの西久保慎一社長はこう説明しました。

同時に現在は無借金状態であり、仮に今後需要が落ち込んで
金融機関に援助を求めるとしても「借り入れられるだけの枠は持っている」
(西久保社長)とも訴えています。

しかし、それは、スカイマークがこの先何事もなく営業を続けられた場合のこと。
航空機差し押さえや“取り付け騒ぎ”などという不測の事態が起これば
事情は変わります。

先行きが見えない中で、破綻につながりかねない要因をどう排除するか。
難しい舵取りが求められますね。

今回のこの状況を見ながら、改めて経営というものの難しさ、
経営者の状況判断、その時々の決断の重要性を感じました。

アイデアと戦略で右肩上がりだからと言って、
未来永劫うまく進むことはないという戒め。

社会情勢、経済情勢を見極める力、

国際線の運航経験もないのに、
大手航空会社が機材の小型化、中型化による効率化を進めている中で、
世界で一番大きい機材を発注するという傲慢さ。

人間学を学んでいる中で教えられている様々なことの
反面教師を見せて頂いた気がします。

このページの先頭へ