海外進出をサーポート。アジア圏にも強く貴方をサポートいたします!

翻訳や通訳で、海外進出をサポートします!

駅伝経営を続ける世界のニッカウヰスキー

さて、今年最後のメルマガは、今人気の
NHKの朝ドラで人気の「マッサン」のはなし、

ではなく、
このマッサンのモデルになっている
竹鶴政孝に関わるニッカウヰスキーについてです。

感動したので、今年最後のお話にさせていただきました。

ウイスキー市場が低迷を続ける中で、
ニッカウヰスキーの「竹鶴」などが注目を浴びているのをご存じでしょうか。

「そんなの知ってるよ。NHKの朝の連続ドラマ『マッサン』効果で、
売り上げが伸びているんでしょう? 
どこかのメディアが報じていたよ」
と思われるかもしれません。

「マッサン」はニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝と
妻リタの生涯を描いたストーリーで、
百貨店やスーパーなどでは「ドラマを見て『竹鶴』を買いに来た」と
指名買いする人の姿も見られるといいます。

確かに、よく売れています。

「竹鶴」の2014年の販売目標をみると、
前年比15.3%増の12万8000箱(1箱:8.4リットル換算)としていましたが、
ドラマの注目度が高まるにつれて売り上げは伸び、
9月に40%増となる15万5000箱に上方修正しました。

しかし、海外に目を向けると、このドラマの人気に全く関係なく
国内以上の盛り上がりを見せているのです。

ニッカブランドのウイスキー輸出量をみると、
2006年には1800箱に過ぎなかったのが、2013年には7万6000箱に。

この7年間に、輸出量は実に42倍ほど伸びているのです。
2014年の目標は前年比32%増の10万箱を掲げていて、それも超える見込みです。

「日本のウイスキーの父」と呼ばれている竹鶴政孝が生まれて、今年で120年。
ニッカウヰスキーが北海道・余市に創業して、今年で80年。

なぜ海を越えて、ジャパニーズウイスキーが注目されるようになったのでしょうか。

その理由は、
国際的なウイスキーコンクールで高い評価を受けたことが大きいそうです。

2001年に英国のウイスキー専門誌によるウイスキーテイスティング大会
(現在は「(ワールド・ウイスキー・アワード(WWA)」として開催)で、
「シングルカスク余市 10年」が世界最高点を獲得しました。

国産のウイスキーが最高点を獲得したのは、初めてのことだったのです。

その後も「余市」のウイスキーは、毎年のように国際的な賞を受賞しています。

また、「竹鶴」もたくさんの賞をとっています。
例えば「竹鶴17年ピュアモルト」は、
国際的なコンテスト「WWA2014」において、
世界最高のピュアモルトウイスキーとして認定されました。

国際的な賞をどのくらい受賞しているのか数えてみると、
「余市」が24回、「竹鶴」が19回。

このほかのブランドもさまざまな賞を受賞しているので、
海外の人たちにニッカウヰスキーが認知されてきたのではないでしょうか。

どのようにして賞が決まるのか?

グラスの中にウイスキーが入っているのですが、銘柄は分かりません。
いわゆるブラインドテイスティングによって審査されるんです。

審査員はウイスキー専門家、小売業者、ジャーナリスト、
蒸溜所のブレンダーなどが行いますので事前に操作はできません。

そういう審査を経て選ばれているので、本物なのです。

国を問わず、ターゲットになるお客さんは限られていて、
ウイスキーファンは常に情報を求めていますが、

ウィスキーの宣伝方法は特殊で、
テレビでCMを流しても、“砂漠に水をまくようなもの”。
広告・宣伝がまったく効果がないというわけではありませんが、効率がよくない。

むしろ、ウイスキーファンにどうやって接触すればいいのか、
といったことを考えなければいけないそうです。

展示会がメインになるそうです。

例えば、日本では「Tokyoインターナショナル・バーショー+ウイスキーライヴ」
という展示会が開かれているのですが、
その会場に入るのにはお金がかかります。
今年は、当日券が6000円です。
安くはないですよね? 

でもお金を払ってでも、新しいウイスキー、
いいウイスキーを探そうという人たちがいます。
ちなみに、米国で行われている展示会の入場チケットは、
270ドル(約30000円)もするそうですよ。

ウィスキーは、人気が出たからと言って、
どんどん売ればいいかというとそんなことはない。

と、いうところに私はある種の感動を覚えました。

ウイスキーは、発酵・蒸留したあと、貯蔵に長い期間が必要です。
例えば「竹鶴17年」なら、製品になるまでに17年以上待たなくてはなりません。

その時代の人間が、自分の売り上げ成績を上げるために、
ウイスキーをどんどん売ったとしたらどうなると思いますか?
 
そんなことをしたら、将来ウイスキーを販売できなくなってしまうんです。

例えば、「竹鶴17年」でいうと、17年前の方々が良い仕事をして
残してくれたおかげで、今、世に出せることができるわけです。

自分たちの仕事は、10年後、20年後の後輩たちに
“たすき”を渡すことでもあるとニッカの方は言われています。
その時、その時に、できるだけいい状態のウイスキー作りをして
あとに引き継いでいきます。

自分の取り組んだ仕事がいま評価されたり、作品を見れるわけではないのです。
その何年後、何十年後にわかるのです。

ウイスキー事業に携わっている人たちって、“駅伝の選手”のようです。
自分に与えられた区間はチカラを入れて走らなければいけませんが、
そこで倒れてはいけない。
できるだけいい成績で走り、次の区間の人に“たすき”を渡さなければいけない。

もし、自分が持っているチカラ以上のものを出し切って倒れてしまったら、
つまり売り切ってしまったら棄権しなければいけない。

それって、市場からの撤退を意味します。

今でも販売しようと思うなら販売することはできます。
でも、将来のことを考えれば、じゃんじゃん売ることはできません。
原酒の量を考えつつ、段階を踏みながら広げていくのだそうです。

じつに長いサイクルで仕事をされていますよね。

私ごとですが、本物のウイスキーを飲みたい人はニッカを飲むんだと
OL時代に呑兵衛のおじ様達から聞かされていました。
実際、私もニッカが好きでボトルキープは国産の場合はニッカでした。

ちょっとつまらない話をすると、
つい先日の忘年会で、店のスタッフの女性にウイスキーの水割りを頼んだら
とても不思議そうな顔をされました。
店長が来て、「ハイボールじゃないんですか?水ですか?」と
わざわざ念を押されました。

思いがけない出来事に、少々たじろいでしまいました。

ハイボールは昔からありますが、
ウイスキーを愉しむものではないと、ウイスキー好きの私は
いまだに邪道だと思っています。(個人的な意見ですので、お許しを!)

「ウイスキーは、やっぱロックだろう!」、と偉そうに言っていた時期は卒業して
美味しい水で割った、「水割り」を
愉しめるお年頃(?)に成長しています。

今回のお話を思い出しながら、新しい年も、「マッサン」をお楽しみください。

中世から現代にいたる世界の国々のお墓に対する意外な発想

日本では、いつの頃からか「先祖代々の墓」というように
亡くなったら同じ墓に入る、そして家族がその墓を守り続ける
というのが普通の仕組みになっていました。

しかし、昨今の核家族化、そして若者の都会への流出、勤務地の移動などで
その場所に住む人がいなくなり、墓を守るということが
できなくなってきている現状があります。

そして、また、そもそも墓を作らないという人も増えているようです。
そういう今の時代背景もさることながら、ほかの国はどうだったのかを
少し知っていただく機会になればいいなと思います。

今回は記事を書くにあたり、
養老孟司(ようろう・たけし)東京大学医学部名誉教授と
世界で活躍されている建築家の隈研吾(くま・けんご)氏の対談から
お墓についての興味深いお話を参考にさせていただきました。

まず、初めに
養老先生は、人間の存在を一人称、二人称、三人称と定義されています。

一人称とは「自分自身」のことで、二人称は「知り合いや家族」、
三人称は「知らない人たち」ということで、
人は、その中で二人称の死だけが考察の対象になると言われています。

そもそも自分が死んだら、自分の死のことなんて考えられないでしょう。
自分と縁のない三人称の死も、まあ関係ない。
今、この瞬間も世界を見ると、何人もの人が死んでいます。
でも、そのことは赤の他人だから我々に何の関係もないという意識です。
でも、家族、友人が亡くなったら大ごとです。

それが二人称の死ということだと言われています。
人にとって考えざるを得なくなるのは、二人称の死なのです。

それはつまり、共同体の問題になってくると言われています。

結局、死後に「自分」という主体が残るのは、共同体においてです。
多分本人だって、共同体には記憶していてもらいたいと思うでしょう。

ここで言う共同体とは、一応自分とつながっているという前提の人たちのことです。
それも家族からもう少し広がって、日本の場合だと、世間といわれているものです。

養老先生は、「死んだ人」を後の人がどう扱っているか、という話は
一種、永遠のテーマだと言われています。
国によって埋葬の仕方とか弔い方が、実にいろいろあるようです。

そこに文化の特徴が出てきているわけです。
その観点から見ても、世間の常識というのは
場所によってずいぶん変わってくるんだな、と思います。

その一番極端な例がユダヤ人で、彼らは墓を一切壊しません。
都市計画で新しい道路ができる時も、ユダヤ人は墓地の移転はしないで、
道路の下とかに作り直すのだそうです。

次に、ハプスブルク家の死者の扱い方ですが、
これなんか完全に異常だと感じます。

ハプスブルク家では家族の一員が死ぬと、
心臓を特別に取り出して銀の心臓入れに収めました。
肺、肝臓、胃腸などは銅の容器に、
残りの遺体は青銅や錫の棺に入れられました。
このように遺体を別々にして、3か所に埋葬する非常に特異な埋葬儀礼です。

先生はハプスブルク家のルーツは、
今でいうスイスの田舎だと書いておられます。

スイス人は冷蔵庫に、いろいろなものを貯蔵しておくんです。
「スイスの冷蔵庫文化」と言うそうですが、冷蔵庫の整理がやたらにいい。
それは、冬季に山の中に閉じ込められる風土だから、
肉の塊から何から何まできちんと整理して、
それを大事に大事に食べていかねばなりません。
そういう習慣で生き延びてきたからではないかという説もあります。

ルーツが牧畜民なので、とった動物の処理に慣れている。
それが、ハプスブルク家の埋葬文化ともつながるんじゃないかと想像されます。
言い換えれば、備蓄が本能みたいになっている・・・ということかも。

ドイツではカトリック信仰の厚い南ドイツのバイエルン王家でも、
心臓埋葬が流行りました。

「狂王」の異名で知られるルードヴィッヒ2世は、
このバイエルン王家であるヴィッテルスバッハ家の出で、
彼の心臓もすごい装飾の銀器に入れられています。
この人は、有名なノイシュバンシュタイン城の主です。

隈さんは、韓国のお金持ちのお墓を設計されたそうです。
川沿いの広大な敷地の中に、一族が集まって飲食もできる
ワインセラーが併設されている記念館のようになっており、
それなりに厳かな雰囲気のものでなければいけないので
バランスに苦心したそうです。

あと、中国の大金持ちからは、ファミリーのお墓の設計も頼まれたそうです。
敷地は、島にある有名な公園墓地の中で、
一見すると、草原が広がっているだけに見えます。
草原の足元に花瓶が埋めてあって、花だけがぽっと地上に出ている。
その花が墓標となるわけですが、眺めとしては、ほとんど花瓶と花だけで、
結構、名所になっているそうですよ。

この墓地の中の大きな区画を、中国のファミリーが買ったのですが、
ここもお墓と言うよりは集会所的な設計を求められ
屋根があって、その下にみんなで集まって、
テーブルを囲んで飲み食いをするようになっています。

集会所的な造りを好まれるのは、韓国人なり中国人なりの
死生観が反映されたものなので、これは完全に家族共同体ですね。

韓国においても中国においても、
共同体の縦系列というのが一番強い絆です。
基本的に、仏教よりもそちらの方が精神的には強く支配しているようです。

だいたい本来の仏教では墓というものはないのです。
上座部仏教、つまり日本で言うところの小乗仏教。
ラオスにしろ、チベット仏教の流れを汲むブータンにしろ、墓がありません。

墓とか墓石とかができたのは、
おそらく中国文化の伝播で、祖先崇拝だと思われます。
だから、例えばベトナムのように、中国文化の影響の強いところは墓があります。

カイロ、ミラノ、ニューオーリンズが、
その規模から世界三大墓地とか呼ばれているのですが、

カイロの墓地は、人間がそのまま住める家が並んでいるんです。
家の形をしている、ということじゃなくて、大きさも家なんです。

死人がそのままそこに住めるように、ということで、家そのものなんです。
もちろんお金がある人だけの墓地ですが、
家がばーっと並んでいる光景は、墓地というよりは住宅地です。

そういう墓地の作り方に、エジプト人的な死生観を感じます。
ミイラを作って遺体を保存するように、
いつでも戻ってこれるように、ということでしょうか。

家の形をしたお墓は、そういう思想の延長線上にあるんでしょうね。
沖縄の墓もカイロほど大きくはありませんが家の形をしていますよね。

沖縄の亀甲墓は南アジアの文化です。
ベトナムでも似た墓がありますし、中国の南の方も同じような墓があります。

沖縄は洗骨の習慣があったのですが、
奄美大島では洗骨の習慣が相当省略されて、風葬に近くなっていったそうです。

風葬では、墓とか墓標とか、そういうものは一切建てないので、
海岸の洞窟が一種の共同墓地みたいな場所になっていたのだそうです。

では、お墓が建つようになったのは何年ぐらい前からかというと、
ヨーロッパでも日本でも、時代によってずいぶん違うようです。

古墳時代の日本は、偉い人には墓がありました。
でも、日本の場合、中世の一般人は風葬がほとんどです。
神奈川の鎌倉などは、その典型で、ちょっと土地を掘ると骨だらけなんだとか。

中世の時代は残った骨を海岸に埋めたのですが、
海岸は中性の土壌だから骨が溶けないで残ります。

でも、関東地方では関東ローム層という酸性の土壌なので、
骨は全部溶けちゃうそうですよ。

一方、ヨーロッパは溶けない土壌なので残っていて、骨だらけなのだそうです。
中世のヨーロッパも、よっぽど偉い人以外の個人の墓は珍しく、
ふつうは教会の共同墓地がつかわれていました。
中世のヨーロッパでは、教会とはつまり墓地のことだったんですよ。

ここまでいろいろな国のお話をしてきました。

人それぞれに考え方はありますが、
私個人は、お墓を残したいとは思っておらず、
今という時間を生きるということに徹したいと思っています。

世の中の役にたったかどうかは別として
与えられた人生を、つまずきながら、泥だらけになりながらでも
一所懸命生きたというそれで昇華できたらと思っています。

あと何年人生が残っているかはわからないことですが、
これからの時間で、なにかひとつでも残せれば幸せだと思っています。

スタバのカフェラテが変わった

最近コンビニのコーヒーが人気ですよね。

各店舗ともそれぞれにこだわりの手法で安く提供してくれています。
手軽においしく飲めるのでコーヒー好きの私には嬉しい限りです。

その反面、従来からのコーヒー店舗ではかなりの影響をうけているため
こちらはこちらで新しい戦略を練ることになります。

今回は、ライトなお話で、スタバのカフェラテの話題を取り上げてみます。

スターバックスコーヒージャパンは10月1日、
看板商品であるカフェラテをリニューアルしたんです。

でも、その1週間前の9月23日に、
米スタバが同社の完全子会社化を発表した影響なのか、
大きなニュースになりませんでした。

でも、スタバファンの間では話題となっているそうですよ。

リニューアルでは、使用するミルクを特注品に切り替えた上で、
エスプレッソのコーヒー豆は国内焙煎とし、
店頭に着くまでの期間を従来の半分に短縮したのです。

そのため、より新鮮な味を楽しめるということのようです。

タイトルを「カフェラテをリニューアル」としましたが、
実際にはカプチーノやカフェモカ、キャラメルマキアートなども
同じミルクや豆を使っているので、全部で12品目をリニューアルした形です。

各商品、各サイズで10円値上げされていますが、
理由はミルクの価格高騰が影響しているからだそうです。

新しいカフェラテを手にして、まず気づくのが
蓋を開けた時のフォームミルクのきめ細かさ。

口当たりは以前よりもまろやかで、厚みのある味になっているらしい。
一方、冷めた後は、意外にあっさりだとか。

このカフェラテ、日本初出店から18年間味を変えてこなかったのですが、
なぜ今になってリニューアルを実施したのか。

昨年9月に店舗数が1000店を超え、
ブランドが大衆化してしまうことへの危機感の表れからなのだそうです。

1000店を超えれば、どうしてもコモディティー化(汎用品化)してしまう。

お客様から飽きられないようにするためには、
常に新しいことに取り組むことが重要。

特にクオリティーを保ち、店舗のリモデル、パートナー(従業員)への教育は
やり続けないといけないという考えからです。

消費者の味覚は日々変化しています。
2014年3月期に売上高1256億6600万円、営業利益109億5100万円と、
共に過去最高を記録したスタバジャパンの主力商品であるラテであっても、
あぐらをかいているわけにはいかないそうです。

スタバジャパンの社内では「Beyond 1000 stores」という合言葉の下、
経営基盤を強化するという目的で、
新しいラテの開発を昨年からスタートさせました。

日本人に好まれるのは、コクがあるが後味はすっきりとしたラテ。
これを実現するために、
まず、ミルクは乳業会社と共同開発しました。

また、社内外から数百人選び、繰り返しテイスティングを行いました。

原材料の改良だけではなく、約2万5000人の従業員に対し、
きめ細かいフォームミルクを作るための技術を、改めて教育しました。

フォームミルクでハートなどの絵(ラテアート)が描けるほどの
スキルを身に付けることを掲げた研修には、「かなりの労力を費やした」そうです。

スタバジャパンの「Beyond 1000」の取り組みは今後も続きます。

例えば、顧客のニーズに合わせた店舗改装は1年に150~200店のペースで行い、
2014年度の改装費用は60億円と、
新規開店の40億円の1.5倍を投じる予定となっている。

さらに、スタバファンに対するサービスも強化していきます。
50万人を超えるスタバカード会員向けに、
値引きのプログラムなどを検討しているそうです。

カフェラテのリニューアルを弾みにして、さらなる進化を遂げて、
ライバルとの差を広げられるか。

「1000店あれば1000店それぞれが個性を持つべき」と掲げるように
チェーンの安心感と各店舗の個性が、
今後のスタバを進化させるカギなのかもしれませんね。

このページの先頭へ