海外進出をサーポート。アジア圏にも強く貴方をサポートいたします!

翻訳や通訳で、海外進出をサポートします!

シリコンバレーから未来的な商品が続々と発信

未来を描いたSF映画をご覧になったこととはありますか。

10年も20年も昔に見た、SF映画やアニメに出てきたようなものが
最近、形になって出てきているように感じるのは私だけでしょうか。

車、日常使う電化製品、その他あらゆるものに
人間の知恵と技能が発揮されているように思います。

平和利用のために作られたと信じて、
面白い商品がお目見えしそうなのでご紹介したいと思います。

一つ目は、
「カメラで食材を識別して、適切な温度と調理時間を自動設定するオーブン」

二つ目は
「ユーザーを追いかけながら撮影するカメラ搭載ドローン」 

米国では最近、このような未来を感じさせる商品の予約販売が
起業したばかりの会社から次々と始まっています。

サンフランシスコに拠点を置く米Juneは
2015年6月9日(米国時間)に画期的なオーブンの予約販売を開始しました。

温度や調理時間をコンピュータが自動設定するというオーブンです。

名前は「June Intelligent Oven」(「高い知能を持ったオーブン」という意味)。
価格は1495ドル(約18~19万円)で、2016年春に出荷を開始する予定。

June Intelligent Ovenは、
カーボンファイバー製の電熱線を備えただけの単純な「オーブン」です。
調理方法としては「焼く」と「温める」しかできません。

日本で普及している「オーブンレンジ」のように、
電子レンジの機能を備えているわけではないのです。

その代わりに、食材や料理を識別するための
HDカメラ、重量計、温度計などの様々なカメラ/センサーを搭載しています。

調理に際してユーザーが行うのは、
食材をオーブンに入れることだけ。

カメラや重量計が、食材や料理の種類や重量を自動判別し、
コンピュータが最適な温度や調理時間を自動設定してくれます。

オーブン内蔵の温度計は、肉などの食材に突き刺して
内部の温度を計測します。

肉の内部の温度を測りながら火加減を調整するため、
生焼けや焼き過ぎを防ぎ、
ユーザーの好みの焼き加減に調理してくれるそうです。

さらに、June は、WiFi機能を備えており、
庫内のカメラが撮影する画像をインターネット経由で
スマートフォンから閲覧できるのです。

コンピュータによる自動調理が信用できない場合は、
スマートフォンを使って、いつでも焼き加減を確認できるという
仕組みだということです。

Juneの共同創業者、CEO(最高経営責任者)と
CTO(最高技術責任者)は、AppleやSNSの米Pathで
キャリアを積んだソフトウエアエンジニアです。

ソフトの力によって革新的なオーブンが実現可能になると考え、
市場参入を図りました。
既存の白物家電メーカーにとって、
全く新しいタイプの競合が現れたということですね。

もう一つは、「ユーザーを追いかけるドローンカメラ」です。

Lily Roboticsという会社は、
カリフォルニア州立大学バークレー校の二人が2013年に起業しました。

5月11日(米国時間)にドローンカメラ「Lily」の予約販売を開始しました。

予約価格は当初499ドルでしたが、現在は599ドルになっているそうです。
2016年2月から出荷を開始する予定で、
発売後の価格は999ドル(約12万円)になるとのこと。

Lilyはいわゆる「自撮り(英語ではSelfy)」をするためのドローンカメラです。
ただし、単にドローンにカメラがついただけではありません。

なんと、
ユーザーはLilyを空に向かって放り投げるだけ。

後はLilyがユーザーを追いかけ続けて撮影してくれるのです。

Lilyは二つの方法でユーザーを見つけ出します。

一つはカメラを使った画像認識。
もう一つは、ユーザーが装着する「トラッキングデバイス」との通信です。

ユーザーが装着するトラッキングデバイスは、
ユーザーを見つけ出すための電波をLilyに向けて発信します。

さらに興味深いのは、Lilyはユーザーの背中を追いかけるだけでなく、
ユーザーの周囲を旋回して飛行もするので、
ユーザーの全方位の写真を撮影することも可能だそうです。

また、ユーザーがあらかじめスマートフォンのアプリケーションから
Lilyの飛行経路を設定しておくこともできるそうです。
そして、LilyはGPSセンサーを使って、
ユーザーが設定した経路に沿って飛行するというものです。

すごいですよね。
スキーで斜面を滑り降りているところや、
サーフィンを楽しんでいるところなどが真近で撮れるんですから・・・。

Lilyは、とてもコンパクトなんです。

幅と奥行きが共に26.1センチメートル、
高さが8.18センチメートルという大きさで、重量は1.3キログラム。
掌にのる大きさです。

バッテリーによって連続20分の飛行が可能で、
安全を考慮して、Lilyが飛行する最大高度は15メートル、
最小高度は1.75mに制限しています。

June とLilyの共通点は、
カメラを使った画像認識を駆使している点です。

カメラを搭載するスマートフォンが爆発的に普及することで、
カメラ用の画像センサーの価格は大幅に低下しており、
若い技術者が、資金の乏しいスタートアップであっても、
高性能なカメラを搭載する製品を開発することが容易になりました。

コンピュータによる画像認識の精度は近年、大幅に向上しており、
今後も、高度な画像認識を駆使することで、
今までに無かったような製品を開発し、次々と登場してきそうです。

次は、何が登場するのか、とても楽しみですね。

タイで広がるタイ産の日本米マーケット

バンコクにはいま、約2000店の日本食レストランが営業しています。

寿司に焼き肉、天ぷら、とんかつ、しゃぶしゃぶ、懐石料理。
もはや、「ない日本料理はない」といってもいいほどの充実ぶりです。

ですが、どんな看板を掲げ、どんな料理をメインに提供しようとも、
絶対にはずせないメニューがひとつあります。

白いご飯です。

・さんは、こうした店で提供しているご飯は、どんなごはんだと思いますか。

1. 日本から輸出した日本米
2. タイで作っているタイ米

正解は、1、2のどちらでもなく、
タイで栽培している日本米なんです。

タイを始め東南アジアでは、粒が長く粘り気が少ない
インディカ米を栽培し、食用にしています。
このお米の特長は、炊くとパサパサとしていて、
ピラフやカレーにはよく合うものの、
寿司のシャリや丼料理などとの相性はいまひとつなのです。

日本料理にはやはり、粒が小さく、形は円形に近く、
炊くと独特の粘りとつやが出るジャポニカ米が欠かせません。

しかし、タイでは日本から輸入した日本米を使用すると高くつきます。
タイでは、輸入米に高い関税をかけているからです。

バンコクのスーパーで販売されている日本産のあきたこまちの価格は
1kgあたり約160バーツ(約600円)。
一方、タイで栽培された日本米なら1kgあたり約75バーツ(約280円)で、
日本から輸入した米の半値以下で手に入ります。

ちなみに、タイ米は1kgあたり約35バーツ(約130円)と格安です。

では、タイで栽培した日本米の品質はどうでしょうか。

その歴史はというと、
1960年代に日本米栽培の研究が始まり、
1980年代に実際の栽培がスタートし、
1992年にはタイ農業省米局があきたこまち、ササニシキの
2品種の栽培を奨励するまでにいたりました。

ちなみに、コシヒカリの名前がそこにないのは、
タイの土地ではどうやってもうまく育成できなかったためです。
品種により向き不向きがあるようです。

2000年代以降、改良が進んでいき、食味は大幅に向上し、
いまでは日本産日本米に近いレベルまで達しています。

しかし、どうしても乗り越えられない壁があるようです。
炊きたてはおいしいが、冷めるとパサつくという問題でした。

しかし、この認識が、いま変わりつつあるようです。

米の専門商社として65年の歴史を持つ名古屋食糧が
タイに設立した子会社「ライスクリエイション」が
日本米(ブランド名「ノリタケ」)を提供したのです。

タイに進出するきっかけは、同社海外事業部事業責任者である
則竹祐哉氏がタイに旅行に来た時、
日本食の店で食べたご飯の味に全然納得できず、
この味が日本米だと思われているのかという悔しさからでした。

最初は日本から輸出しようと考えたそうですが、
それではコストがかさみすぎて普及させるのは難しい。
だったら、タイで日本と同じ食味の米を再現しようと決めたそうです。

いま、タイ人9人、日本人は自分だけという体制で奮闘中です。

同社が契約しているのは、タイ北部の農家で、
ここで栽培されたあきたこまちをタイ中部の工業団地内の工場で精米し、
低温で流通させ、日本食レストランに供給しています。

設立から1年で、プロの料理人に評価されるレベルの
日本米を実現できたその理由は、
タイの農家の日本米栽培技術の向上と、低温の物流インフラの整備です。

もう少し補足すると、
暑い気候の中で良質のタイ米を作るパートナー企業のノウハウと、
名古屋食糧が日本で培ってきた日本米栽培や精米技術、
保管体制のノウハウ等との掛け算だそうです。

もちろん基本となる「どの農家と契約をするか」の選別にも力を入れています。

一人一人の農家を評価する仕組みを導入しているため、
一度栽培してもらい、技術レベルや土や水、やる気などを見極めて
契約するか否かを決めているそうです。
日本米を作るとタイ米より20~30%高く売れるので、農家からも喜ばれています。

課題は雨季と乾季に収穫される品質の違いですが、
これについては栽培過程を改良する必要があるそうです。

ライスクリエイションの則竹氏は、
タイで米の栽培を指導し、流通から販売に至るまでのノウハウを培えば、
他の東南アジアの国にも活用できると位置づけています。

則竹氏の目標は、タイにおける日本米の流通量3万トンの3分の1のシェアを取ること。
そのために、米をただ販売するだけでなく、
営業時には必ず炊飯器を持参し、飲食店がおいしいご飯を提供できるように、
炊き方や水についてのアドバイスも提供しながら店舗を開拓していいます。

炊飯器を手に「とにかく、食べてみて下さい」という営業をしています。
実際食べてみたらその違いが分かってもらえるそうです。
今までの日本米は研ぐとすぐに割れていましたが、
ライスクリエイションの米は割れることもなく、
炊くと、もち米とも違う粘りがあるのだそうです。

一方で、バンコク在住の日本人家庭に浸透させようという計画も進んでいます。

推進しているのは、2009年にタイでペット関連会社
フォーリトルワンを立ち上げた山内正太郎氏。

以前から、タイ産日本米の品質に不満を持っていた山内氏は、その可能性に着目し、
バンコクの日本人家庭へのデリバリーサービスを7月からスタートします。 

といっても、単なるお米のご用聞きではありません。
米は研ぐ手間が要らない無洗米を用意し、
最適と思われるミネラルウォーターや炊き方の指導も合わせて商品化した上で
日本人ドライバーが確実に届けるというサービスです。

タイは硬水なので、おいしい日本米に炊き上げようと思ったら、
使用する水についても配慮が欠かせないためです。

無洗米にこだわるのは、タイの水道水の質が悪いため。
無洗米なら研ぐときに水質を気にせずに済む。
大手家電メーカーとコラボし、この米に最適化した炊飯器の販売も計画中とのこと。

日本の農業技術・精米技術を活用する形で広がるタイ産日本米マーケット。

日本食ブームが東南アジアばかりではなくロシアや中東でも進行し、
訪日旅行で本場の味を知る観光客も増えていることを考えれば、
日本の技術が活躍する舞台は世界中に広がっているともいえます。

東南アジアでは米の二期作が一般的ですが、タイは三期作が可能です。

場所をうまく変えれば毎月新米ができる、ということさえ不可能ではない。
これは東南アジアだからこそのメリットです」と則竹氏。

日本人がおいしいと思える日本米の海外生産量が国内の生産量を上回る、
1年12カ月、常に新米を味わえる。

タイで、そんな時代の入り口に立っているのかもしれません。

このページの先頭へ