塗料についてどんなイメージを持たれていますか。

きれいな色を塗る素材というイメージではないでしょうか。

そうですよね、
「命を救う」というイメージを持つ人は少ないと思います。

ところが、そんな塗料があるのです。

南アフリカ共和国の最大の都市、ヨハネスブルクの外れの
古い教会の敷地内に、ホスピスがあります。
「セントフランシス・ケアセンター」といい、
末期がんやエイズウイルス(HIV)感染者など、余命の限られた患者を対象に、
終末医療を施すホスピスです。

身寄りのない幼児30人を含む約60人の患者が生活していますが、
多くの患者が、ここで最期を迎えるそうです。

そんな施設で今、ある小さな “奇跡”が起きています。

今年2月にホスピスに入院したミシェル・ハメレさん(仮名、18歳)。
当時既にHIVに感染しており、発症こそしてはいないものの、
免疫力は低下の一途をたどっていました。

入院時の体重は31kg、身長は約130cm。
年齢の割に明らかに身長も体重も小さく、咳も止まりませんでした。

通常の患者なら、そのまま衰弱し、やがて病気を発症して亡くなっていくといいます。
ところが、ハメレさんのケースはこれに当てはまりませんでした。

ホスピスでの生活が始まると、彼女の体調は劇的に変わり、
日を追うごとに、健康状態が回復。
顔色もよくなり、食欲も出るようになったそうです。
入院から8カ月後には体重が52kgにまで増加し、
止まらなかった咳もほとんど出なくなりました。

回復の理由は、もちろん看護士が施した的確な治療の効果ではありますが、
当の看護士は「治療以外にも理由がある」と言い、棟内の壁を指差しました。

実は、ホスピス内にはウイルスを不活性化する特殊な塗料が塗られていました。
「塗料を塗って以降、多くの患者の体調が改善している」と、
ホスピスの代表を務めるシンシア・ディックス氏は言います。

特殊塗料には、日本のしっくいに使われる消石灰成分が含まれています。
塗ると、表面に無数の微細な孔ができます。
そこにウイルスが吸着すると、細孔内部の高アルカリ状態が、
ウイルスを不活性化させます。
細菌や臭いの成分やカビなども同様の仕組みで細孔に閉じ込め、
最後は殺してしまいます。

つまり、特殊塗料を塗った部屋は、通常よりも
バクテリアやウイルスを劇的に少なくできるということです。

免疫力が低下したエイズ患者は、
通常なら害のない種類のウイルスやカビであっても、
病気を発症する可能性があります。
彼らにとって、無菌に近い環境は、それだけで延命効果につながるのです。

HIV感染者の生活を劇的に改善し、
失われていたかも知れない命を救った特殊塗料。

これを開発したのは、塗料大手の関西ペイントなのです。

日本では、「アレスシックイ」という名称で2008年に発売しています。

自然素材として古くから用いられてきたしっくいの機能を組み込み、
住宅やオフィス向けの高付加価値塗料を展開しています。

一度塗ると、効果は7~8年ほど持続し、
高級ホテルや高級列車の車内などにも使われているそうです。

当初、関西ペイントは、しっくい塗料の訴求点として
消臭やカビ防止効果を掲げていましたが、
その後の研究によって塗料がそれ以上の効能を持つことを発見したのです。

科学的に検証するため、2015年に長崎大学熱帯医学研究所と提携し、
ウイルスやバクテリアへの効果について実験を重ねてきました。

結論は、関西ペイントの予想を超えるものでした。
HIVのほか、エボラウイルス、鳥インフルエンザウイルスなどにも
効果があることが分かったのです。

長崎大学との検証結果を受けて、関西ペイントはしっくい塗料の
新たな販路開拓として、アフリカを代表とする新興国への展開を
進めていました。

具体的には、社会問題となっているHIVやエボラウイルスなどの感染症に対して、
塗料を使った予防策を政府関係者などに提案していたのです。

この計画を大きく後押ししたのが、冒頭のホスピスでの成果でした。

昨年、南アフリカ日本大使館から
「しっくい塗料をホスピスに塗っていただけませんか」と
関西ペイントに依頼が舞い込みました。

関西ペイントにとっては、実際の効果を調べるには願ってもない機会でした。

塗装のあと、湿気を吸収しているからなのか、
塗料を塗った部屋は一様に涼しいそうです。
施設には特有の陰鬱した雰囲気はあまりなく、むしろ清潔で明るい印象を持ち、
日差しを浴び、笑みを浮かべながら佇む患者の姿が見られるそうです。

世話役の看護士からも、塗料の効果を実感する声を多くあがっています。
彼女たちは「患者の体調は目に見えて改善している」と口を揃えます。

もともと関西ペイントは、自動車向け塗料がメインで、
消費者向けの建築用塗料での存在は小さかったのですが、
海外市場拡大を目指し、建築向け塗料ビジネスを強化していたのです。

これは大きなチャンスですが、課題もあります。
一つは、しっくい塗料の効能を、
より科学的に検証していく必要があるということです。
看護士の証言は確かに有益なのですが、現状は主観の域を出ないもので、
科学的根拠が検証されたわけではありません。
今後、大学などと共同で効果を検証していきながら、
公的な認証機関からのお墨付きをもらうなど、今後の手続きは無数にあります。

さらに大きなハードルは、アフリカで商品を販売して採算が合うかどうかです。

特殊塗料を現地で調達するための生産拠点に加え、
現地で販路を広げるためのマーケティング費用などを考えると、
コストはかなりかかります。

一方で、アフリカの平均所得は先進国のそれに比べまだまだ低く、
採算を合わせるには相当の工夫が要るということです。

このように、ハードルは高いのですが、
関西ペイントの石野博社長は、関西ペイントの次の100年を支えるためには
欠かせない事業だという想いがあります。

これらの事業が収益として貢献するまでには、10年はかかると見ています。

しかし
この事業展開により
社員のモチベーションが非常に高くなっているそうです。

いままでの、関西ペイントの中心顧客は自動車メーカーでした。
いわゆる、企業向けビジネスで、社員は
自分たちの仕事が消費者にどう貢献しているのかを
実感する機会はあまりありませんでした。

ところが、ホスピスでの活動は従来のビジネスとは異なり、
自分たちの手がけた塗料が、人の命に直接的に貢献していることを実感できます。
社員の目の輝きが変わり、働きがいを高めたという点で
大いにプラスになっていると、幹部役員は言います。

いわゆる「ミレニアル世代」とよばれる若年世代は、
報酬や肩書だけではなく、会社に対して働く意味を求めていると言われています。
「自分の手がけている仕事が、社会の役に立っているのか」。

そう考える人が増える中で、関西ペイントのアフリカでの展開は、
社員に働きがいをもたらす重要な要素になりつつあるようです。

しっくい塗料は、今も改良が続けられています。
今年5月には、壁だけでなく、布などに塗料を塗ることも可能になりました。

この技術を利用すれば、例えば救援テントなどに塗り、
無菌状態に近い簡易手術室などに使えるといいます。

しっくい塗料を始めとした特殊塗料の重要性は
今後さらに高まっていくと思われます。

その意味で、南アフリカのホスピスでつかんだ成果は、
同社のアフリカビジネス拡大のきっかけとなり、
同時に多くの命を救うことでしょう。