車の好みは多種多様ですし、単に好きと言うだけでなく、
その車を持つ目的も様々です。

でも、もし、駐車している自分の車のトランクを
他人が勝手に開けるということが起こるとしたら・・・。

想像してみてください。

どんな感覚ですか?

でも、そういうことがすでに起こり始めているんです。

そこは、スウェーデン第二の都市、イエーテボリ。

スマホを使ってEC(電子商取引)サイトから日用品を購入。
そのまま車に乗ってしばらく待っていると、
配達員がクルマのトランクを勝手に開け、
注文した荷物をそこに置いて何も言わずに立ち去ったのです。

乗用車大手のボルボ・カーの本社がある街です。

これはボルボが今年の5月に始めた配送サービスで
「イン・カー・デリバリー」と言います。

スウェーデンのベンチャー企業や
北欧最大の物流会社ポストノードなどと共同開発し、
注文した商品を対象区域ならどこでも
クルマのトランクに届けるサービスなのです。

世界で初めてボルボがこのサービスを始めました。

もちろん、運転者が乗っていなくても配達員は勝手にトランクを開けます。
物流会社にとっては再配達の手間が減りますし、
注文した消費者にとってもすぐに受け取れるメリットがあります。

今年10月時点でボルボのユーザー1万人が同サービスに登録しているそうです。

他の自動車メーカーがサービス化にこぎつけられていない理由は簡単。
鍵を持たない配達員がトランクを開けられないからです。

どういう仕組みかというと、
ボルボが他社に先駆けて「デジタルキー」を採用したからです。

専用のアプリケーションが入ったスマホを鍵代わりに使い、
車両のロック解除やエンジンの始動ができるほか、
家族などとの共有機能もあります。

既に一部の車種で採用しており、
配達員に1回限り有効のデジタルキーを発行することで、
トランクを開けることができるようになったそうです。

ボルボは、世界初となる試みで、
2017年に「クルマの物理的な鍵を全廃する」と宣言しています。
オプションで、従来の鍵穴と鍵の方式を選べる予定ですが、
基本的には「鍵なし車」です。

スマホでクルマを操作する・・・!?

「これからはクルマが情報のプラットフォームになる」と、
ボルボの新サービスの担当責任者は話します。

取材によると、デジタルキーの様々な潜在力が見えました。

アイデアは既にあるようで、ヒントは次のようなものです。

一つは販売店との関係性の変化。
これまで消費者はクルマに不具合が生じた場合、
近くの販売店に自ら足を運んで修理を申し出ていたのが、
デジタルキーがあれば、たとえユーザーが不在でも、
販売店がそれぞれのクルマに出向いて簡単な修理を行ったり、
クルマを整備工場に運ぶこともできます。

デジタルキーがあれば、自分のクルマがどんな状況か瞬時に分かる
カーシェアリングへの転用も考えられます。

あるいは、自分が持つクルマをカーシェアリングする場合でも、
鍵の受け渡しをすることなくスムーズに貸し出すことができます。

アプリを使えば、クルマがどこにいて、誰が何回ロックを解除したか、
どれくらいの距離を走ったのかを瞬時に確認することができるので、
貸し出している側も安心できるということのようです。

ボルボは今年8月、米ウーバー・テクノロジーズと
自動運転車の開発で提携しました。

これは、自動運転とシェアリングを組み合わせるビジネスが
ボルボの視野に入っていると思われます。

鍵の全廃だけでなく、クルマをECサイトで買えるようにしたり、
あえて部品メーカーと自動運転ソフトウェア開発の合弁会社を
立ち上げたりするなど、近年のボルボは我が道を行く、
というようなかんじです。

では、小規模メーカーなのになぜ投資できるのでしょうか。

ボルボは、2010年に中国の浙江吉利控股集団
(ジーリー・ホールディング)に買収され、
経営の独立性と豊富なチャイナマネーによって
業績は急回復しました。

2015年12月期の年間販売台数は過去最高。
2016年12月期はその記録をさらに更新する見通しです。

とはいえ、年間販売台数は約50万台で、富士重工業やマツダの半分以下です。

環境規制や新技術への対応で自動車各社の研究開発費が増える傾向にあるなか、
なぜ小規模メーカーがここまで独自色を出せるのでしょうか。

5年前、ジーリー傘下に入った後、ボルボは、

「コネクティビティー(接続性)」
「PHV(プラグインハイブリッド車)」
「EV(電気自動車)」
「自動運転」

の、4つに重点分野を絞り込みました。

逆に「やらないこと」も決めました。

高級車の代名詞でもある6気筒や8気筒のエンジン開発をストップし、
4気筒以下だけを開発する方針にしたのです。

トヨタ自動車やホンダが次世代エコカーとして位置付ける
FCV(燃料電池車)を開発しないことも決めました。

車種も基本的には「90シリーズ」「60シリーズ」「40シリーズ」の
3つのカテゴリーだけに絞り込んでいます。

こうした選択と集中が、小規模メーカーながら
ボルボが効率的な投資で我道を進むことができる理由のようです。

鍵の全廃は、「尖った取り組み」を声高に宣言することで
PR効果を大きくするという、
マーケティング的な要素もあることでしょう。

実際には、まだまだ研究途上ですので、
鍵とデジタルキーが併存する状態が長く続く可能性は高いと思われます。
それでも、選択と集中によるぶれない戦略は、
小規模メーカーの生き残り方のヒントとなるに違いありません。

鍵のない車が、普通に街の中を走り出したら
どんな風景になるのかなぁと、デジタル人間じゃない私の脳みそでは
不安が先に来てしまいます。

こんな記事を書きながら、マイナス思考でごめんなさい。