パソコンを使う機会の多い方はご存知だと思いますが、
アドビシステムズの、斬新な取り組みについてです。

クリエイティブソフトウエア世界最大手の米アドビシステムズは、
過去に成功したパッケージソフトの販売を完全に終了し、
クラウド版に舵を切りつつ、
飛躍的に成長を続けている希有な企業の一つです。

さんの会社(経営者でない方はごめんなさい)は、
情報を集めたり、社員からのアイデアを募るのに
どのような仕組みを作っておられますか。

アドビシステムズは、2012年から社内の新規開発プロジェクトとして
「キックボックス」という取り組みを行っています。

キックボックスとは、文字通り「箱」。

箱の中身に入っているものは、付箋紙やチョコレートバー、
スターバックスのギフトカード、
そして1000ドル分のクレジットカードです。

 
社員は、自身のアイデアをある程度の形にするために、
箱の中身を自由に使うことができるのです。

一部の利用者に使ってもらって市場調査も可能ですし、
1000ドルを自由に使うこともできます。

1000ドルの使途の説明や報告は不要。

すでに1400名の社員がキックボックスを手に入れて、
実際にアドビの戦略に大きく影響を及ぼしたものも
出てきているようです。

なぜキックボックスを同社に導入したのかを、
クリティビティ担当バイスプレジデントの
マーク・ランドール氏のお話からご紹介します。

彼は、アドビに入社した2008年頃までに、
それまで3つのベンチャーを立ち上げており、
どちらかというと起業家やベンチャーコミュニティーに近い人間だったとか。

アドビは、伝統的な良質な会社ではあるけれども、
少なくとも自分が慣れ親しんでいた、チャレンジする文化とは
違うなと感じたそうです。

リスクを怖がっているようにも見えたそうです。

例えば、社員が何かを試したいと思っても、
30~50パーセントの成功率が見込めないと試せない。

この数値は、スタートアップとは全然違う基準です。

さらに新製品のサイクルも長い間検討を重ねて、
1年~1年半に一度、新商品を投入する。

1つの商品について、投資額は50万~100万ドル。
時間もコストも非常に大きな投資をしていました。

そうした背景の中で、2012年に、
もっと社員が気軽に立ち上げられるようなものを考えてほしいと
経営陣から言われたのがきっかけだそうです。

このキックボックスの特徴は、
まず、一般にありがちな
「経営陣に真っ先にプレゼンする」ということがありません。

最初に必要なのは、経営陣へのプレゼンではなく、
実際の利用者からの声やデータです。

経営陣へのプレゼンの前に、最初に市場に聞くということです。

これによって、経営陣にアイデアが届くときは
すでにその成功率がある程度数字として読めるようになり、
経営陣はそのアイデアに対して
“なんとなく”NGを出すこともできなくなるのです。

これは、会社にとっても、大きなメリットがあります。

まず、会議室で考えた、市場に受け入れられなかったアイデアは淘汰され、
会社が判断していたら見落とされていたような
斬新なアイデアに巡り会う可能性が高まるのです。

2つ目は、アイデアがあれば、
それを社員自らの責任で追求できるようにしたことです。

ある社員が思い付いたアイデアを、
会社にいるだけの(何もしない)誰かに悪いアイデアだと決めつけられたり、
会社に監督されたりすることもなく、追求できることです。

3つ目は、どのようにお金を使うかを
従業員に学ばせる機会にもなることです。

お金を与えることは、社員の意見に価値があるということを
理解することにもなり、信頼感が生まれます。

これは
「君たちは会社にとって重要だ」
「イノベーションを期待しているよ」
ということを言葉で何十回伝えるより効果があるものです。

お金を与えて任せることが大事なのです。

さらに、お金を委ねられることで、
自分がそのアイデアの最終決定者となり、
責任感も生まれ、アイデアの選び方も変わってきます。

ただ面白いのではなく、
コストを踏まえてビジネスとしてどうなのか、
という観点でアイデアを見据えるようになるのです。

ちなみに、渡した1000ドルは、
ほとんどのケースですべて使い切らずに戻ってくるケースが多いそうです。

アメリカノ話なので、ご存知ない方もいらっしゃると思いますが、
2015年の米フォトリアの買収などは、
キックボックスがアドビ本体の経営戦略に影響を与えた例です。

当時、アドビ自体がフォトストックのような
コンテンツを扱うサービスのアイデアを模索していました。

一方、キックボックスでは
コンテンツとメタデータをインデックスするというテストをしていました。

どんな索引を使えば、適切なコンテンツを探せるのか、
といったようなことです。

キックボックスでの調査の結果、
この作業というのが膨大であることが分かりました。

競争力のあるサービスを作るには、2000万とか4000万のデータが必要で、
それぞれのデータに何十というキーワード設定が必要だというのです。
つまり、コンテンツデータの量以上に重要なのは、
そこにどんな検索キーワードを設定するか、ということだったのです。

それは、人がどんなキーワードで検索した時に、
どんな画像を結果として出すべきかを検証しなければならないということです。

これはある種、人の考えや行動を学ぶことに近いものです。

その作業をゼロから立ちあげようとすると相当のコストがかかります。
そうした調査から、フォトストックサービスは、
自らやるよりは、買収した方がコストやスピードの面でメリットがある、
という判断に結びつきました。

新規開発については、「市場に聞くな」というセオリーもあるかと思いますが、
キックボックスでは「市場に聞け」のアプローチをしています。

アドビの中で、キックボックスが新規開発を担っているということではありません。
いわゆる「市場に聞かない」方法も持ち合わせています。

アドビでも、リサーチラボで博士号を持ったような人材が大学などと協力して、
技術的なブレイクスルーを探し出したり、
製品チームでも同じような新規開発が行われたりしています。

大切なのは、社内のどこからでも
アイデアが生まれるプロセスを用意しておくことです。

アドビで言えば、
キックボックスのような起業家のようなアプローチ。
ラボのようなカッティングエッジな技術チームによる新規開発。
もう一つが製品開発チーム。

アイデアは、そこかしこで生まれます。
一方、アイデアがあっても、それを見つけ出す道筋がなければ、
そのアイデアはないも同然です。

それをなくす一つの方法がキックボックスというわけです。

キックボックスはイノベーションを作るのではなく、
イノベーターを作るためのものです。

失敗を回避するのではなく、失敗に慣れること、

新しいことを実践すること、

リスクを受け入れること、そこから学ぶこと、

こういったことが習慣になれば、
今までトライしなかったことにもトライするようになる。

そのようなイノベーターが
社内にたくさん生まれることが重要だったということです。

大切なのは、どう失敗するのか。
そして、そこから何を学ぶのか、です。

早い段階で失敗することは良いことです。
それによって後の大きな失敗を回避できるし、
すべての小さな失敗に小さなブレイクスルーがあるはずなのです。

だから、小さな失敗はどんどんしてほしい。

クリエイティブ(創造性があること)の反対は、
「フィア(恐れること)」だと思っているそうです。

失敗することを恐れれば、クリエイティブなアイデアは生まれない。
そういう意味で、「恐れ」はクリエイティブの最大の敵です。

キックボックスは、
コストと時間をかけたあげく、危機的な失敗をするのではなく、
より早く小さな失敗をたくさんすることと位置付けています。

「失敗は学習だ」という新しい概念を、
アドビでは植え付けられたようです。

なかなか挑戦しづらいと感じる経営者の方もいらっしゃるかもしれませんが、
何かのヒントにしていただけたら嬉しいです。