さて、最近、アメリカが海外の首脳陣たちの情報を傍受しているという話題が
頻繁に報道されています。

このような行動は信頼を損ね、許されることではありませんが、
この件は今後の成り行きを見守りたいと思います。

記念すべき50回目は、前回に続きアメリカの話題です。

前回、アメリカ経済の強さの一つとして
唯一先進国で人口が増加していると言いましたが、
それは移民政策が徹底しているためです。

ここでいう移民とは、高学歴で優秀な人材を指しています。

世界中から優秀な人材を集めており、
その人たちを大学に入る時から面倒を見ているのです。

大学で独自のファンドを持っているそうです。

ある大学は、1兆円の資産を持ち、それを運用して120億の資金で
彼らの面倒を見ているそうです。

生活費や学費は全て無料です。

彼らに研究をさせ、成果をださせ、その成果を企業と組んで事業化します。

少し前はITでしたが、金融になり、金融から金融工学になり、
そして今はシェールガス開発など、どんどん新しい産業を生み出しています。

そして彼らが大学を卒業する時には永住権を与え、
アメリカで受けいれるという仕組みです。

最近は、アメリカだけでなく世界中の有名大学が
個性的な講義プログラムを企画し、
優秀な人材を確保しようと様々な取り組みをしていますね。

遅ればせながら、東京大学も始めるようです。

インターネット上で、大学の講師による講座を無料で提供しており、
その受講において優秀な成績をとった人は大学に招聘したりしています。

全て英語で行っているため、日本人にとってはかなり不利な部分もありますが、
世界のこのような動きに躊躇することなく取り組んでいくことで
意欲さえあれば貧しくても、また年齢も関係なく学ぶことはできますし、
果敢に挑戦する若者が、これからの日本を救うのではないでしょうか。

今の小学生、中学生の子供たちが大人になる時代には
もっと自由に、世界と向き合える環境になっているといいですね。

ところで、一般教書演説というのをご存知ですか。

米大統領が毎年、年頭に連邦議会上下両院の議員を前に
年間の施政方針を示す演説です。

この場にはわずか20名しか招待されないのですが。
昨年のオバマ大統領の一般教書演説の場に、
日本人としてただひとり招待客として
ホワイトハウス、そしてキャピトルヒル(米連邦議会議事堂)の
ボックス席に招かれた人がいます。

藤田浩之氏です。

オハイオ州クリーブランドで医療機器のMRI向けコイルを開発・製造する
クオリティー・エレクトロダイナミクス(QED)の社長兼CEOです。

QEDには、アメリカ人はもちろん日本人もいますし、
中国、韓国、インド、東欧、ロシア、コーカサス系など
様々な国や地域の出身者がいます。

社員が多様化すると経営が難しくなるのではないかと言われますが

藤田氏はこのように言われています。

「これだけ人種、宗教が異なっても、突き詰めれば人類として
共有できる普遍的なことはあり、それは米国でも十分通用すること。

まさに稲盛さんが仰っている『正しいことをやりましょう』ということで、
この経営理念の下では皆がつながっていきます」と。

つまり、ブレない経営を実践することで、みんな変わっていくと言われています。

QEDは、素晴らしい開発と技術力をもっていますが、
コストを削減する目的で海外に事業を移すようなことはしない。

誇りを持って取り組む人がいて自分たちの技術を守る、
そして上場もしない。

という、強い信念を持っています。

それは株主のための会社にはならないと決めているからだそうです。
会社は儲けるためにあるのではないという想いです。

かつて東京大学の受験に2度失敗し、
失意のうちに日本の大学を中退。

新たな希望を見出そうと1988年、22歳で米国の大学に入り直してから25年。

このほど、日本の若い人たちにエールを贈るべく、
今日に至るまでの軌跡『道なき道を行け』を出版されました。

 http://www.amazon.co.jp/%E9%81%93%E3%81%AA%E3%81%8D%E9%81%93%E3%82%92%E8%A1%8C%E3%81%91-%E8%97%A4%E7%94%B0-%E6%B5%A9%E4%B9%8B/dp/4093883165

興味のある方は、ぜひ読まれてはいかがでしょうか。