さて、今月、はるばるサウジアラビアから
サルマン国王が来日していましたね。
空港に到着した際に、事前に空輸しておいた
エスカレーター式の特製タラップで降りてきた映像を
ご覧になった方もいらっしゃることでしょう。

サウジアラビアってどんな国かご存知ですか。

サウジアラビアといえば世界最大の産油国であり、
日本は原油の3割をサウジアラビアからの輸入に頼っています。
このため、日本とは切っても切り離せない深い関係にある国です。

ほとんどの日本人は、サウジアラビアと聞くと、「王様がいる国」とか
「お金持ちの国」というようなイメージを持つのではないでしょうか。

今回の来日では、先に書いたエスカレーター式の特製タラップとか、
随行者1000人以上とか、移動用のハイヤーが数百台と言ったような
芸能週刊誌のような話題が前面に出た報道が多くなされていたように感じます。

しかし、今回の訪日で重要なことは、
なぜサウジアラビア国王が御自(おんみずか)ら
極東の日本までやってきたのか。

その理由にこそ、
現在サウジアラビアが置かれた切実な窮境があります。

産油国の金満ぶりをテレビカメラの前で
自慢げに披露する人たちを目にするにつけ、
羨望の気持ちなどなく、石油が枯渇したらどうするんだろうと、
憐憫の情すら湧いてきます。

なぜならば、あのような金満はけっして長く続かないどころか、
ひとたびおちぶれたが最後、
その後にはその国とその民族に、末代まで悲惨な運命が待っていることは、
歴史が証明しているからです。

例を挙げれば枚挙にいとまがありませんが、
まずは現代においてそうした問題を切実に抱える
「ナウル共和国」を見てみましょう。

ナウル共和国とは、日本人にはあまり馴染みのない国かもしれません。
オーストラリアとハワイの間、太平洋の南西部にある21平方kmしかない
小島にある共和国であり、バチカン市国、モナコ公国に次いで
世界で三番目に小さい国です。

そこに住む人々は古来、漁業と農業に従事して
貧しくもつつましく生きることのできる“地上の楽園”でした。

しかし、1888年にドイツの植民地になってまもなく、
この島全体がリン鉱石でできていることが判明しました。

リン鉱石とは、数千年、数万年にわたって積もった海鳥のフンが、
珊瑚の石灰分と結びついてできたもの(グアノ)で、
肥料としてたいへん貴重なものでしたから、植民地となった
19世紀後半から採掘が始まりました。

1968年にようやく独立を達成するに伴って、
リン鉱石採掘による莫大な収入がナウル国民に還元されるようになります。
その結果、1980年代には国民1人当たりのGNP(国民総生産)は
2万ドルにものぼり、それは当時の日本(9,900ドル)の約2倍、
アメリカ合衆国(1万3,500ドル)の約1.5倍という
世界でもトップレベルの金満国家に生まれ変わったのです。

医療費もタダ、学費もタダ、水道・光熱費はもちろん税金までタダ。
そのうえ生活費まで支給され、新婚には一軒家まで進呈され、
リン鉱石採掘などの労働すらもすべて外国人労働者に任せっきりとなり、
国民はまったく働かなくても生きていけるようになりました。

その結果、国民は公務員(10%)と無職(90%)だけとなり、
「毎日が日曜日」という“夢のような時代”が30年ほど続くことになりました。

・・さんは、これが羨ましいと思われますか?

詳しくは
   ↓
https://matome.naver.jp/odai/2133740754006424601

ここで多くの人が勘違いする事実があります。
それは、「地下資源など、最初からそこにあるもの」は
“ほんとうの富”ではないということです。
富でないどころか、それは手を出したが最後、
亡びの道へとまっしぐらとなる“禁断の果実”です。

しかし、こうした自堕落な生活は、
その民族の精神を骨の髄まで腐らせていきます。

人間というものは、ひとたび不労所得や贅沢を覚えたが最後、
「額に汗して働く、貧しくともつつましやかな生活」に
二度と戻ることができなくなります。

このような事例は歴史を振り返ると、多くの国で起こっています。

古代ローマ帝国しかり、スペインしかりです。

“ほんとうの富”とは「額に汗して自ら生み出した富」だけで、
「最初からある富」から不労所得を得るだけの繁栄は、
一見“楽園”にみえて、そのじつ“地獄の入口”にすぎません。
それで得た繁栄が過ぎ去った後、
“神罰”が下ったかのように、その国その民族を
子々孫々にわたって苦しめることになるからです。

ナウル共和国では、働かなくても食べていけるようになった生活が
30年にもおよんだため、全国民の90%が肥満、30%が糖尿病という
「世界一の肥満&糖尿病大国」になりました。

そればかりか、精神まで蝕まれて、勤労意欲が消え失せます。
すでに20年も前からグアノ(リン鉱石)が枯渇するだろうと予測されていたのに、
ナウルの人々は何ひとつ対策も立てず、
努力もせず、ただ日々を自堕落に生きていくことしかできない民族と
なっていったのでした。
もはや二度と「“古き佳きナウル”に戻ることができなくなった」という事実です。

 いざグアノが枯渇したとき、彼らが考えたことは
「どうやったらこれからも働かずに食っていけるだろうか?」でした。

国ごとマネーロンダリングの魔窟となり、
世界中の汚れたカネで荒稼ぎをしたり
テロリストへのパスポートを濫発して裏金を稼いだり、
それもアメリカから圧力がかかると、
今度は舌先三寸でオーストラリアから、
中国から、台湾から、日本から資金援助を引き出すのです。

ナウル人が額に汗して働くことはこれからもないのでしょうか。

よく「日本には地下資源がない」と嘆く言葉を聞きますが、
日本に地下資源がなくて本当によかったのかもしれません。

地下資源がないからこそ、それを補うために頭を悩ませて創意工夫し
額に汗して勤勉に働いて富を生み出して国を維持してきました。
そうした厳しい歴史を歩んできたからこそ、日本人は洗練され、
世界にも誇れる国のひとつとして繁栄することができたのです。

なまじ豊富な地下資源などあったら、
それに頼って怠けることを覚え、諸外国からその富を虎視眈々と狙われ、
他のアジア諸国同様、日本も19世紀に植民地とされ、
亡びていたかもしれません。

今回、サウジアラビアの国王が
御自ら出向いてまで日本にやってきたのは、
こうしたことへの危機感からです。

21世紀に入って以降、石油に頼らない新エネルギーの開発が
急速に進んでいます。
遠からず石油に頼らなくてもエネルギーがまかなえる
時代が到来するでしょう。

そうなってしまう前に対策を立てておかなければ、
サウジもナウルの二の舞となることは火を見るより明らかです。

そこで今回、石油だけに頼る経済体制から脱却するべく、
日本に経済協力を要請するためにやってきたのです。

2014年に石油価格が急激に下落したので、
現在は以前ほど大儲けできていない現状があるとはいうものの、
今までのサウジアラビアは石油からの莫大な利益のもとに、
それを国民に還元することで王族が政治を独占してきました。

国民は税金を収めることも、
政府から社会保険料を求められることもなかったので
国民が政治的権利を求めることはありませんでした。

つまりサウジアラビアはこれまで「課税なくして代表なし」が
成立している数少ない国だったのです。

しかし、昨今、高福祉政策を実現することができなくなってしまいました。

そのため、今のままいけば手厚い社会保障が実行不可能になり、
それとともに、王族による政治権力独占が危うくなります。

それはさらに宮廷闘争を引き起こします。

サウジアラビアには皇太子と副皇太子がいますが、
慣例では皇太子や副皇太子は現国王の兄弟が選ばれてきました。

しかし、サルマン国王は副皇太子に自分の息子の
ムハンマド・ビン・サルマーンを指名しました。

これには王族の長老格は反発します。

さて、ここでサルマン国王とその息子の副皇太子は
自分たちの権力基盤を盤石なものにするために、
この危機的状況を利用し権力の確保に努めるようになるのです。

「vision 2030」と題された石油依存から脱却するための
経済政策を打ち立てたのです。

この計画の内容は簡単に言ってしまえば、
今までの石油に依存した経済体制から
金融立国へ転換することを目的としています。

「vision 2030」がうまくいけばサウジアラビアの経済は
建て直されますし、王国の経済体制は石油価格が崩壊しても
被害は少ないものになります。

そして、この計画を先導するのが現国王の息子である副皇太子なのです。

つまり「vison 2030」の成功は経済体制の変革だけでなく、
この功を持って現国王は最大の目的である息子への
王位継承を確かなものにすると考えられます。

そして、サウジアラビア国王来日の隠れた第2の理由は安全保障で、
それはIS(イスラム国)やイランの核開発問題です。
これにはイスラム教の教義が大きく関わっているのですが、
この説明を始めると長くなるので、今回は割愛しますね。