今回は、少し楽しい話題です。

地方も頑張っているなと嬉しくなりました。

環境に優しい「近未来の日常の足」として注目を集める電気自動車(EV)。
なかでも、軽自動車より小さい1~2人乗り用の
「超小型モビリティ」の開発競争が激しさを増しています。

日産自動車の「ニューモビリティーコンセプト」や
ホンダの「マイクロコミューター」など大手自動車メーカーが先行するなか、
さらに新しいコンセプトの超小型EVが、実は新潟県で開発されています。

なぜ、新潟なのか――。

新潟県は地域経済活性化のために新産業の創出を目指しており
昨年12月、小型電気自動車の日本市場導入に向けた
研究活動を開始すると発表し
「新潟県小型モビリティ推進委員会(委員長:大聖泰弘・早稲田大学教授)」を
設置しました。

国内大手自動車メーカーの生産拠点を誘致するのではなく、

海外の車体をベースとした超小型EVを採用し、

エネルギーや環境などの面の課題を解決する狙いとともに、

地元企業の叡知を結集させ、車体の生産から運用、

サービスに至るまで総合的に産業振興を図るプロジェクトとなります。

もともと自動車産業は少なかったのですが、
情報通信(IT)関連など電子技術に優れた中小企業が多く、
新潟でのEV産業発展にはポテンシャルが大いにあるとの判断です。

新潟県としては、新産業創出に必要な最初のリスクマネーを拠出するほか、
企業同士のコラボレーションを促すなどして、
委員会を通じて事業体制やビジネスモデルの構築を支援していくようです。

新潟県がベース車として選んだ車体は、スペインの「Hiriko(ヒリコ)」です。

同国バスク自治州政府や、このヒリコの普及を手がけている
フォー・リンク・システムズ(東京都中央区)と組んで、
ヒリコの“日本版新潟モデル”の開発、導入を目指しています。

ヒリコの大きさは全長が2.5メートルで、幅が1.7メートル。
最高速度は時速90キロメートルで、航続距離は約120キロメートル。
スペインでの販売価格はバッテリーを除いて1万2000ユーロ(約160万円)。

4つの車輪の向きがそれぞれ変わるため、
その場で車体が360度旋回するなど、自由に方向転換できます。

前方部と後方部の一部がスライドする構造になっており、
折り畳むような格好で前輪と後輪との距離(ホイールベース)が縮むと
全長は1.5メートルまで縮小。

このため狭いスペースにも駐車できます。

その動きはまるでロボットのようで、クルマが小さくなったというよりは、
おもちゃがクルマになった印象だそうです。

もっとも、このスペイン版ヒリコは、そのまま日本で走らせることはできません。

1.7メートルある幅を軽自動車と同じ1.48メートルに狭める必要があるからです。
物理的な要素が大きく変化すれば、制御系システムなども変えなくてはなりません。

この国内仕様に改良される、
新潟モデルの組み立てやメンテナンスを手掛けるのは、
フォー・リンク・システムズの100%子会社
「Hiriko JP(ヒリコ・ジェーピー)」(新潟県柏崎市)で、

来年3月末までをメドにプロトタイプを完成させる予定です。

制御面などの課題をクリアした完全な動きを実現できる車体の開発には、
さらにもう少し時間がかかるでしょうが、
来年中には実車が披露される見通しとのこと。

従来のビジネスモデルにはない新しいコンセプトは、

開発技術や製造の面にとどまらず、
将来の販売方法や普及のさせ方にも及ぶようです。

1つの形として、個人のエンドユーザーを対象としているのではなく、
街づくりと連携したカーシェア・サービスのようなイメージになるようで

自治体を通したスーパーや商店街などが視野に入っているようです。

この新潟モデルのヒリコの車体デザインを任されたのが

人気アニメ『機動戦士ガンダム』に登場する「モビルスーツ」のデザインも手掛けた
大河原邦男氏です。

新潟モデルのヒリコは、スペインのプロトタイプのような丸っこさとは対照的に、
角張ったメカニカルな風貌になるということです。

そもそも万人受けするデザインなどあるはずはなく、
定評のある斬新なデザインこそが息の長い人気につながると確信しているとのこと。

この“ガンダム風”新潟モデルのヒリコのデザインは、
11月下旬に始まる東京モーターショーで、
実物大模型として初めてお披露目されることになります。

超小型モビリティは、環境に優しいうえ、安全技術がさらに高度になれば、
高齢者や体が不自由な人の移動手段としても
応用の幅が広がる可能性のある乗り物と言えます。

新潟県でのこの試みは、車体の斬新さだけでなく、
高齢化や雇用の少なさに悩まされている地方の活性化につながる
大きなヒントの1つとしても、これからさらに注目を集めそうですね。