ダイバーであれば、一度は行きたいあこがれの場所、パラオ。
美しい海と穏やかな時の流れ
そんなイメージをくつがえすかもしれない今回の記事です。

私たち日本人が見慣れている世界地図は、
だいたい真ん中あたりの位置に日本列島があります。

日本の左側、
つまり西側には朝鮮半島と中国大陸があり、
左下(日本の南西)にインドシナ半島が伸びています。

日本の南にはフィリピンやインドネシアなど
東南アジア諸国連合(ASEAN)の国々が散らばっていますね。

ふだん「日本の周りの国々」とか「東アジア地域」を考えるとき、
多くの日本人の頭に浮かぶのは、この程度の範囲の地域ではないでしょうか。

インドはちょっと遠いし、オーストラリアを「アジア」と呼ぶには
違和感がありますよね。

ところが日本には、普段は意識に上がってこない
アジアの近隣諸国がたくさんあるんです。

フィリピン諸島の東側に広がるのが「ミクロネシア」と呼ばれる地域です。
パプアニューギニアから東方の海域と群島は「メラネシア」と呼ばれ、
さらに東側には広大な「ポリネシア」が広がっています。

私ごとになりますが、私が一番最初に行った国は、
この地域にある、ニューカレドニアでした。
フランス領だったので、フランス語が日常的に使われていて
日本人はまだ非常に少なく、フランス人をはじめ欧米人が多く滞在していました。

その頃、『天国に一番近い島』という本が出て、一気に有名になりました。

話を戻しましょう。

地図はたいてい陸地を中心に描かれるので、
これらの小さな島国は割愛されてしまう場合もあります。

とりわけ中国大陸やインドシナ半島が大きい「東アジア」の地図となると、
ミクロネシアやポリネシアは、はるか右の方に押しやられてしまいます。

ここに日本人が忘れがちな大きな盲点があります。
ミクロネシアの島々は、日本列島の南端である沖ノ鳥島の目と鼻の先にあり、
まぎれもない日本の近隣国なのです。

青い水とサンゴ礁が広がる海。
熱帯魚やイルカとたわむれる静かで平和な群島の生活――。

パラオ共和国は、ミクロネシア地域の西端に位置する海上の楽園なのです。

しかし、一見争いごとと縁がなさそうな、このパラオを一皮むくと、
世界の大国が激しい覇権争いを繰り広げる“戦場”の素顔が浮かび上がります。

今回この国で「未来世紀ジパング」の番組取材が行われましたが、
取材班が迫ったのは、札束が飛び交う経済外交の攻防戦。

そして目的不明の怪しい船がパラオ近海を行き交うという、
生々しい現実だったようです。
のどかなイメージとは裏腹に、この地域はまさに「一発触発の現場」です。

では、今度は海を中心に東アジアの地図を見てみましょう。
よく見るとパラオの重要性は一目瞭然です。

米国第七艦隊は、
東経160度線以西の太平洋を担当海域としており、
このミクロネシア一帯で海洋軍事力を強める中国とにらみ合っています。

中国の軍事戦略上の概念では、
日本の九州―沖縄―台湾―フィリピン・ルソン島―ボルネオ島・ブルネイ・マレーシアを結ぶ線は「第1列島線」と呼んでいます。

その外側にあたる
伊豆諸島―グアム・サイパン―パラオ―パプアニューギニアをつないで
弧を描くラインが「第2列島線」です。

パラオはまさにその中心とも呼べる要衝にあるのです。
ここは、中国にとって対米防衛ラインだとされています。

この第2列島線は、台湾に有事が起きた際に、
中国海軍が米海軍の増援を妨害する海域と考えられています。

軍事力の増強で第1列島線の海域での海軍活動に自信を深めた中国が、
いま注目しているのが、この第2列島線だとされています。

パラオが中国だけでなく、台湾、日本、米国にとっても
戦略的に極めて重要な「ホットポイント」であることが分かると思います。

そのパラオは、熱烈な親日国であることは、あまり知られていません。

スペイン→ドイツ→日本→米国と統治国が移り変わったため
パラオの人々の生活には、今なお多くの「日本語」が息づいています。

パラオ共和国の一部であるペリリュー島は、
太平洋戦争中、日米間で激しい戦いが繰り広げられた古戦場です。

多くの戦死者の鎮魂のため、今も「ペリリュー神社」が、ひっそりと建っています。
地元の人たちの手で戦跡を保護し、
悲惨な戦争の歴史を今に伝える努力を続けているのが、パラオ共和国です。

人口2万人の小国ですが、日本を慕い、
日本の価値観や文化を理解してくれる国が、南太平洋に浮かんでいます。

米中の大国の間に挟まれ、国際政治の風向き次第では、
荒波にのまれて沈没しかねない小さな国です。

東アジア地域と世界の平和と繁栄のために、
私たち日本人と日本国は何ができるのでしょうか。

テレビ東京系列で本日(11/4)夜10時から放送
「未来世紀ジパング」が放送されます。

もし見ていただくことができれば、
美しい南洋の島国の地に立ち、
取材班がとらえた衝撃的な映像の数々から、
「未来世紀ジパング」のあるべき姿が見えてくるのではないかと
アナウンスされています。

こんな国もあることを知っていてくださいね。