ミャンマーは、ここ数年大きく注目されてきている国です。
発展途上にあり、日本と比べたら内容も規模も大きく異なり
活動規模も非常に小さいものですが、着実に成長しています。

私は、今後、アジアの中でも様々な面で日本と深く関わる国だと思っています。
このパイプができたため、現地のリサーチや渡航時の対応、
翻訳業務などが可能になりました。

私がお役に立てるようなことがあれば、お気軽にご相談くださいね。

━━━ミャンマーニュース 内容━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【1】シャン州、小型発電企業を誘致
【2】海洋観光、外国人観光客による収入が過去最高を記録
【3】ヤンゴン証券取引所、実現の可能性が高まる
【4】ツインタアウン湖、世界文化遺産の加入に向け申請へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

【1】 シャン州、小型発電企業を誘致

シャン州政府は、30メガワット未満の小型発電所を建設し、
BOO方式(Build-Operate-Own)によって
発電・配電を行なう企業を募集している。
大型発電所は環境破壊の恐れがあり、電力供給が頼りない地域であれば、
小型発電所の方が環境負荷が少ないと考えられている。

第2回ミャンマー電力評議会によると、
2014年にミャンマーに供給された電力の発電方法は、
水力発電が74%、天然ガス火力発電が23%、石炭火力発電が3%であった。

供給量は、3.970メガワットのうち、
2.919メガワットが水力発電、931メガワットがガスタービン発電、
120メガワットが石炭火力発電であった。

【2】 海洋観光、外国人観光客による収入が過去最高を記録

タニンダーリ管区コータウン地区のベイ郡島における海洋観光により、
12月には過去最高となる85,000米ドル以上の収入がもたらされたと
コータウン地区観光省が発表した。

2014年12月には合計601人の観光客がベイ郡区のベイ郡島を訪れた。
主な観光客は、フランス、ドイツ、スイス、タイ、中国からとなっている。

それにより、コータウン地区の12月の収入は、
2013年の総収入の39%にも及んだ。
601人の観光客がベイ群島を訪れ、周辺地域で利用される船の数が増えている。

外国人観光客は美しい海の景色に関心を寄せている。
コータウン地区観光省職員のルワン・モー氏は
「タニンダーリ管区の政府委員会は、旅行規制を廃止しており、
当局は観光客からの要望を満たすよう動いている。」と述べた。

ミャンマー政府はコータウン地区のベイ群島を旅行する外国人に対し、
規制エリア以外は自由に旅行することを認めている。

外国人観光客が海洋レジャーを利用するためには100ドルを、
一定の距離以上を旅行する場合には150ドルを支払う必要がある。

【3】 ヤンゴン証券取引所、実現の可能性が高まる

日本企業2社とミャンマー経済銀行は、2015年にヤンゴン証券取引所を
開設するため、23日に契約書に署名しました。
大和証券グループの大和総研、日本取引所グループと、
国営ミャンマー経済銀行の間で2012年5月29日に覚書が締結されて以来、
継続されてきた議論の結果である。

報道発表によると、今回の契約は、
ミャンマー初の証券取引所を設立・運営するにあたって、
日本とミャンマーの代表者間で交わされた長きにわたる
交渉の結果であると報じている。

日本取引所グループは、東京証券取引所と大阪証券取引所を運営している。
また、大和証券は1902年に設立された、日本最大の証券会社の一つである。

【4】 ツインタアウン湖、世界文化遺産の加入に向け、申請へ

REAMの事務局長であるアウン・ミィン氏は、
環境保全・森林省はユネスコの世界遺産登録のためにツインタアウン湖を申請し、
そのため再生可能エネルギー協会ミャンマー(REAM)が
必要な技術を提供すると述べた。

アウン・ミィン氏は、次のように語った。

「森林省がプロジェクト計画を策定し、
我々の協会が彼らにとって必要な技術を提供する。
私が皆に伝えたいことは、ミャンマーには素晴らしい遺産が
沢山存在していることです。

それをどう保存するのか、我々は世界的な援助がなければ、保存できない。
ツインタアウン湖にはエネルギー資源が豊富にあり、
貴重な生態系も有している。
もし我々がこのような遺産を保存しなければ、
他に何を保存する必要があるのだろうか」と。

スピルリナは、タンパク質が豊富な青緑色の淡水性藻類で、
免疫システムを促進するために役に立ちコレステロールを調整する働きがある。
ツインタアウン湖において、このスピルリナが、
海藻や他の不純物を混合しない状態で発見された。

青緑色のスピルリナはメキシコ、少数のアフリカ諸国、
そしてミャンマーにおいてのみ発見されている貴重な資源である。