1月20日は二十四節気の「大寒」でしたね。
暦の上では一番寒い時期と言われています。

寒卵とか、大寒卵って知ってました?

寒卵とは、寒の内(2014年は1月5日~2月3日)に生まれた卵の事で
大寒卵とは、大寒(2014年は1月20日)に生まれた卵のみを指すそうです。

風水で大寒卵は非常に縁起が良く
子供が食べると、病気にかかりにくくなり
大人が食べると、金運がアップし
その1年間はお小遣いに困らなくなると言われています

とはいうものの、私たちが普段購入する卵には、賞味期限は書かれていても
産卵日は書いてないからわかりませんよね。

ま、とにかく寒さに負けないで乗り切りましょう。

さて、今回は、ロンドンのタクシーの話題です。

ロンドンの街を走り回るタクシー「ブラックキャブ」。
赤い2階建てバスと並ぶロンドン名物の乗り物として親しまれています。

「ブラックキャブ」は「馬車にお客を乗せていたときの名残り」で、
割と大きな客席部分に4-5人が向き合わせで乗るような、
ユニークな形になっています。

その総数は2万台以上あります。
厳しいテストを通過した有能なドライバーがハンドルを握りますので
世界一安全なタクシーと言われているそうです。

「ブラックキャブ」というくらいですから、もともとは黒い車体でしたが、
いまでは「黒くないタクシー」もたくさんあり、大きさもさまざまですが、
基本的に料金は同じです。

乗り方ですが、まず運転手に「助手席の窓越し」に行き先を伝えます。

行きたい場所の「郵便番号」をいえば、
確実にその目的地に連れて行ってくれることになっています。

ホテル名を伝えるときも、同じような名前のホテルが
ロンドンにはたくさんありますので、必ず郵便番号と共に伝えることが必要です。

運転手がOKと言ってから、ドアは自分で開けて乗り込みます。
自動扉はありません。

トランクなどの大きな荷物も自分で客席部分に載せます。

料金は、バックミラーの上に付いたメーターに表示されます。

初乗りは2.40ポンド(2013年1月現在)。
夜間、週末、祝日は割増料金になります。

メーターには、時間帯ごとに変わる割増料金もすべて加味されて表示されます。
また、レシートは必ずもらっておきましょう。

このロンドンのタクシーですが、
ジョンソン・ロンドン市長は16日、2018年から
市内を走るタクシーの新規登録を電気自動車など
温暖化ガスを排出しない車に限定すると表明しました。

世界の主要都市に先駆けて温暖化ガス削減を進め、
大気汚染解消に役立てることが目的です。

これに伴い、タクシー製造では、日産自動車を含む5社が開発を急いでおり、
新たな商機につながりそうです。

ジョンソン市長が16日に発表した公約では、
タクシーを新規登録する際に「温暖化ガスの排出がゼロになる機能を持つこと」を
条件とする、となっています。

電気自動車やプラグインハイブリッド車(PHV)が対象ですが、
市内中心部では電気での運行を義務づけるそうです。

早期の普及に向けて市内の充電設備の設置を急ぐ方針で、
1918年までに現在の4倍以上の6000ヶ所に増やす計画だそうです。

電気タクシーの開発は「ブラックキャブ(黒塗りタクシー)」で有名な
中国・吉利汽車傘下のロンドン・タクシーや日産などの5社が競っています。

日産は世界展開する多目的車「NV200」をベースに、
1915年に電気タクシーをロンドンで投入予定。
これに先駆け、14年中にはガソリン車も発売し、
ロンドンのタクシー市場に参入する計画です。

世界の主要都市には環境改善のために、
電気タクシーを採用する動きが出始めています。

日本も近未来にそうなるかもしれませんね。