コーカサスを題材にした昔のソ連映画では、花嫁にするために
女の子を誘拐するシーンが出てきます。

道端を歩く女の子を抱きかかえ、叫び声を上げながら抵抗する彼女を
男たちが無理やり車に押し込める様子や、
その後、監禁された女の子が脱出を図るという冒険が面白おかしく表現されています。

これは、旧ソ連の人なら誰しも知っているコーカサスの慣習、誘拐婚を描いたものです。
この誘拐婚とは現実には一体どんなものなのでしょうか。

120を超える民族が共生していた旧ソ連。
そこにはロシア人らのスラブ系民族とは全く異なる文化圏があります。

コーカサスや中央アジアのキルギス、カザフスタンなどで、
誘拐婚の伝統が続いてきていました。

しかし、ソ連が崩壊して20年経ち、この誘拐婚の伝統にも西欧化が
大きく影響を与えているようです。

 

誘拐婚はグルジアのようにキリスト教徒が多い地域でも
北コーカサスやキルギスのようなムスリムの多い地域でも行われていた
何百年も続く土着の慣習でした。

まれに、親が結婚に反対している恋人同士が結婚に踏み切るために
行われることも多かったのですが、道端で女性に一目惚れした男性が、
友人らと共謀してその女性を誘拐する例もありました。

 

ルールはこうです。

男性らに女性が誘拐されると、たいていはその男性の親戚の家に監禁されます。
誘拐されたと知った女性の親戚が、女性を引き渡すよう、交渉に出向きます。

しかし、誘拐されてから発見されるまでに一夜経ってしまうと、
女性の家族は諦め、女性にその男性と結婚するように促すのです。
実の母親に「この家に嫁ぎなさい」と言い放たれ、
泣きじゃくったという女性の話はやまほどあります。

男性の親戚もまた、女性を監禁している間、女性がその男性との結婚に
合意するよう説得します。
その時に暴力を振るったり、女性に手を触れたりするようなことはしてはならないのです。

 

例えば、ヘーダの話。
2週間後には2年付き合った恋人との結婚式が予定されていたのですが、
見知らぬ男に誘拐され、頑なに結婚を拒否していました。
しかし、一夜が過ぎ去り、彼女の親戚は誘拐犯の男性にヘーダを嫁がせることに
決めました。

彼女の夫となった男性には、他の女性との間に既に大きな子供がいました。
その後、誘拐した女の子がいたのですが、
彼女が処女ではなかったという理由で家を追い出していました。
このことを、ヘーダは結婚した後に知ったのです。

ヘーダは、「最初は本当に辛かった。散々遊んだ末、どこかの女性と子供まで作って。
身の回りの世話をしてくれる妻が必要になって、若くて何も知らない女の子が
適当だと思った。それで私は誘拐されたのよ。
大人が自分たちの利益のために、女の子の運命を決めてしまうのだと知った時、
私は本当に腹が立ったわ。でも、夫には私が必要だし、今は子供がいる。
今はこの人と出会って良かったと思っているわ。」

 

次にアーセットの話、

彼女は、17歳の時に見知らぬ男に誘拐されそうになりました。
車に押し込められそうになっているアーセットを、母親と一緒になって
必死で取り返そうとしてくれた青年がいたのですが、
2人の懸命な抵抗にもかかわらず、アーセットはさらわれてしまいました。

監禁されていたところ、父親たちがアーセットを取り返しに来ました。
交渉はうまく行き、アーセットは父親に連れられて家に帰ったのです。
しかし、そこで父方の親戚たちに囲まれスカーフを頭にかぶせられました。

「お前はもう誘拐された身だ。穢れている。これでは嫁の貰い手がないな」
アーセットは泣き出しました。

昔からアーセットに恋をしていた男性がいて、
アーセットにもしものことがあったら、と彼女の親戚の男性たちに
自分のことをいつもアピールしていました。
親戚はこの男にアーセットを嫁がせることに決め、
17歳のアーセットは泣く泣く嫁に行ったのです。

 

では、最近はどうなのか。

グルジアは反ロシア政策が進み、米国の支援を受けて法制度が急速に整ってきました。
そのため、現在では誘拐は犯罪として立件されるようになり、
重い刑事罰が科されるようになりました。

グルジアと言えば、ソ連時代から90年代にかけて、山賊や犯罪が多く、
旧ソ連一、野蛮な国として有名で、15年ほど前までは、
頻繁に誘拐婚が各地で行われていました。

しかし、警察機構や法制度が改善され、2000年代に劇的な変化を遂げたのですが、
その過程で、グルジア人は女性を誘拐する必要はないことを学んだそうです。

ロシアとの関係が悪化して、旧ソ連一、豊かだと言われたグルジアは最貧国になり
女性たちには結婚相手を選ぶ権利が生まれ、男性は誘拐ができなくなりました。
経済力のない男性は、女性に結婚を申し込みにくくなってしまったのです。

 

一方、ロシア連邦チェチェン共和国では、ソ連崩壊後の二度の戦争により、
男性は経済力を失っただけではなく、欧州や米国などに離散し、
住居や働く権利さえも確保できない若者が大量に発生しました。
こういう状況下では結婚は一層難しくなります。

誘拐婚は2007年~2009年頃にピークに達し、現地の人権活動家の報告では、
結婚全体の約25%が誘拐婚だったそうです。
戦争によって、男性は社会経済活動が大幅に制限されて権威を失い、
精神的にもダメージを受けました。
そのため、簡単に結婚する方法として逆に誘拐婚が横行したのだそうです。

結婚してすぐに離縁してしまう例も多発し、女性たちが男性の身勝手によって
傷つけられる事態が深刻化していました。
しかし、2010年からはチェチェン共和国の政令により、
それまでは警察によって見逃されていた誘拐犯の取り締まりが厳しくなりました。
罰金刑に加え、ロシア刑法に基づいて数年の実刑に処されるリスクが高まったのです。
このため、誘拐婚が事実上不可能になりました。

 

チェチェン人の人権擁護活動家の男性は女性の部下たちにこう言います。

「あなたたち女性のほうが今は多いし、近頃の男性は戦争ですっかり
自信と積極性を失っている。
だから、今度はあなたたちが友達と共謀して気に入った男性を誘拐しなさい。
私があなたの妻になるから、あなたはこれから私のために働いて支えなさい、
と言って放さなければいいのさ」とからかっているそうです。

 

女性は世界的に強くなったかもしれません。
しかし、女性がキャリアを構築したり、他人に奉仕したりすることよりも、
まずは家庭を持ち、自分自身を幸せにするべきだと、
旧ソ連の人々、特にコーカサスの大多数の人々は考えているようです。

 

男女にはそれぞれの役割があります。
異なる長所を認め合い、短所を補い合う。

だから、結婚して男女が支え合って生きていくことが大切なのだと、
彼らは気づかせてくれています。

様々な結婚の形がありますが、この人に誘拐される運命だったのだと思えれば、
マレットのように、結ばれるべき人と結ばれたのだと信じられるかもしれません。
結婚前は、男性の身勝手な振る舞いに愛情どころか憎悪の気持ちさえ持つ誘拐婚ですが、
夫にどれだけ愛され必要とされるかのほうが、結婚後の幸せを左右するようです。

 

皆さんはどう思われますか。