夢物語と思われた自動運転車が、現実になる日が見えてきたようです。

トヨタ自動車も、日産自動車も開発に力を入れており、
トヨタ自動車は、2020年ごろに高速道路での合流や追い越し、
車線変更を自動でこなす車を発売すると発表しました。

日産自動車も20年までに自動運転車の実用化を目指しています。

米国ではグーグル、ゼネラル・モーターズ(GM)が市販をにらみ、
アップルも参入を表明しています。
GMと提携するホンダは、両社の共同開発を
自動運転の中核技術にも拡大するよう検討中です。

では、具体的にどのように進んでいるかというと、
トヨタが今回公開した自動運転車には、
前方に据え付けた「目」となるカメラのほか、
車体周囲に赤外線を発するレーザーレーダーなどが配置されており、
周囲の状況をリアルタイムで把握するというものです。

収集したデータを人工知能が分析して、
過去の走行データと照らし合わせ、合流や車線変更の可否を判断します。

トヨタは従来、自動運転車の製品化には慎重だったのですが、
技術的なハードルの低い高速道路をまず手始めとし、
一般道用まで含めた実用化を目指します。

トヨタが6日に公開した東京の首都高速道路でのデモンストレーション走行に、
同乗した記者のレポートからその実力を見てみましょう。

以下、記事から抜粋します。

『「オートドライブモードを開始します」。
ナビゲーションの案内と共にドライバーがハンドルから手を離した。

あっと驚く間もなく「合流車両に注意してください」とナビがいうと、
車は合流車線で加速し、すっと本線に入った。
合流先の車の動きをセンサーが捉え、最適な速度に調整したのだという。

しばらく左車線を走行していると、前方にミニバンの後ろ姿が迫ってきた。
「低速車両を追い越します」と、ナビの声。

それと共に、車が自動で追い越し車線にすっと移って加速した。
制限速度で安全にミニバンを追い越すと、再び左の走行車線に戻った。

動きは極めてスムーズだ。』

と、いうことです。

すごいですね~。

トヨタ以外の他社はどんな計画かというと、

日産自動車は、16年に高速道路の一定の車線に限定した自動運転車を
日本で発売し、20年には市街地対応も視野に入れて開発を進めます。

富士重工業は10月29日から開幕する東京モーターショーで、
自動運転機能を備えた多目的スポーツ車のコンセプト車を披露する予定です。

※東京モーターショー2015 http://www.tokyo-motorshow.com/

さらに、2020年といえば、東京オリンピックがありますが、
政府も20年の東京五輪をにらみ、
官民一体で自動運転車の育成を進める構えのようです。

各社を後押しするだけでなく。

2016年初めから、運転手が乗らずに目的地まで乗客を運ぶ
自動運転タクシーの実証実験を始めるそうです。

2016年というと、来年ですが、そこまで来ているの?というのが、
私の正直な気持ちなのですが、

自動運転タクシーの事業化を目指すディー・エヌ・エー(DeNA)の子会社、
ロボットタクシー(東京・渋谷)が参加し、
神奈川県藤沢市で実証試験を始めるということです。

同市では、モニターとして参加する約50人の住民を住宅周辺から乗せて、
約3キロの幹線道路を通りスーパーまで走る、という計画です。

ただ、事故の責任をどう判断するかといった法整備やハッカー対策など、
自動運転車の実用化に向けては課題もたくさん残っているのも事実です。

警察庁は、ドライバーがおらずハンドルもない自動運転車が
事故を起こした場合の責任の所在などについて法的検討を始めます。

メーカーが公道で自動運転車の実証実験が幅広くできるよう
来年度中に指針も作成するということですが、進捗状況については
報道を見守っていきたいと思います。

次の問題として、運転免許やハッカー対策がありますが、

道路交通法はドライバーがいることを前提に定められています。
加速やブレーキなどが自動化された場合も、
現行の運転免許制度を適用するのが妥当かどうか、
さらには、誰の免許なのかという議論も必要になりますよね。

サイバー攻撃のセキュリティー対策も不可欠になります。
自動運転車は緊急の車両通行止めや渋滞などの
交通情報データなどを外部から受信する仕組みです。
そのため、ハッカーによるプログラムの不正操作などが懸念されています。

いわゆる、「車の乗っ取り」みたいなものです。

アメリカのドラマを見るような気分です。