3回目は、投資を学ぶ意味についてのお話しです。

日本に住んでいても、様々な投資について耳にする機会があると思います。

銀行預金・定期預金・証券会社でのMMF・株式・不動産投資。
他にも投資には、様々な種類があります。

日本の投資についてのお話は、幾らでも得ることができますので省略します。
今回勉強してほしいのは、海外投資に関してのお話です。

しかし、本当に良い海外投資の話は、残念ながら、
殆ど日本には入ってこないという現実があります。

日本には、『金融商品取引法』という非常に厳しい規制があり、
海外の投資情報が、殆ど入手できない仕組みになっています。

残念ながら、海外にある非常にリターンが高い投資情報は、
日本に住む私たちには伝えられません。

 

残念なことに、投資の世界でも、毎年詐欺事件が起こります。

なんで?と思うような、非常にわかりやすい話に騙されてしまい、
多くの人が、多額の現金をだまし取られています。

残念ながら、その中には海外の案件があります。
『金融商品取引法』がその為にあること、これは理解できます。

しかし、これを理由にして、本当に良い世界中の投資案件について、
日本人の皆さんの『知る権利』を取り上げてしまっている現状があります。

保険についても同様です。日本の居住者は、海外の保険には
入ってはいけないという法律上の規制があります。

同じ条件で海外の保険に加入すれば、日本に比べて、
大幅に掛け金が下がるにも関わらず、日本の居住者は、
これらの保険には入れません。

 

初めに断っておきますが、
ここでは投資の勧誘話をしているのではありません。

日本に住む私たちが、世界中の様々な投資のことを知り、
もっと投資について学んでもらい、選択肢を広げてもらうためです。

ぜひ、世界中の様々な投資案件について学び、
将来のお金を稼ぎ出す仕組みを構築して、自分自身の為、
家族の為、友人・知人の為にその知識を活かしてください。

 

投資には主に、2種類あります。

・インカムゲインを得る投資
・キャピタルゲインを得る投資

インターネットで検索してもらえればいくつでも出てきますので、
この中ではあえて書きませんので、ぜひ調べてみてください。

ここで伝えたいことは、もっともっと深い部分です。

単に世界中にある最新の様々な投資のことだけでなく、
お金にお金を生み出してもらう仕組みです。

投資の極意となる『より深い部分』について、一緒に学びましょう。

次回は『日本の不動産投資の現実』についてです。

なぜ海外での不動産投資を勧めるのか?
日本での不動産投資のデメリットをお伝えします。