とても勇気のわいてくる映像をご紹介頂きましたのでシェアします。

伝統産業が日本の未来産業を育てる・・・
JETROの8月25日のインターネット・ビデオです。

http://mail.os7.biz/l/00whVl/sQFtd9vp/

ここでは、小さな中小企業の、その独自の素晴らしい技術が世界に認められています。

なぜか感動しました!

 

先日ある出来事がありました。

全く違う内容でご相談を頂いたのですが、1時間も話さないうちに、
自社の得意分野としている商品の素晴らしさを発見されたんです。

衰退産業だと思っていたのに、自社に強みがあると気づかれたのです!

 

この時感じたのは、まさに、多くの経営者の方々が自社の価値に
気付いていないのではないかということでした。

なんともったいない!

その技術を、もっと海外に紹介して自社だけでなく日本経済を復活させませんか。

 

そのためには、いろいろな国に行ってみること。

観光ではなくて、ビジネスの視点をもって見ることで、たくさんの発見があるはずです。

 

さて、ところで、前回ご案内したフィリピンのビジネスツアーの件で、
新たな情報を頂いていますのでお知らせします。

 

「フィリピンFAMEショー」とは、
http://mail.os7.biz/l/00whVl/FgIzDhf0/

年に2回開催されており、国際デザイン・アクセサリ・民芸品などが中心ですが、
2005年の鳥インフルエンザが中国で猛威をふるった時に、
それまでは欧米のバイヤーのクリスマス商戦前の商品仕入れが香港中心であったのが、
フィリピンへ移り、それ以来、世界的に有名になった軽工業国際見本市です。

 

天然素材を使った壁紙やインテリアデザインの椅子・家具・貴金属の装飾品・
セラミック製品などは世界トップレベルで、アメリカやイタリアから
デザイナーや多くの企業が視察に来ています。

最近は日本からの視察企業も増えているそうです。

その他、環境展示会や食品物産展などもあるので、
日本の水技術や、環境・衛生製品技術なども東南アジアに紹介できるチャンスです。

 

また、今回企画しているビジネスツアーに参加していただくと、
現地JETOROが、フィリピンを中心にした東南アジアのビジネスチャンスの話を
してくださることになりました。

このFAMEショーを見学したり、JETOROとのミーティングにより、
参加される皆さんが自社の「海外での強み」を発見できる機会になるのではないでしょうか。

フィリピンをバックオフィスにすることで、欧米先進国へ情報を伝達したり、
BRICsや次の新興国のアセアン諸国に日本の伝統技術や中小企業の技術を伝え、
日本がもっと元気になってほしいですね。