今回は、いつもの海外がらみの話題からかなり路線を変えて、
日本の歴史に少し触れていただこうと思います。

突然ですが、・・さんは、明智光秀ってどんな人物だという
イメージを持っていますか?

もっとも有名なお話としては、「本能寺の変」ですよね。

今回お話したいのは、明智光秀の遺産か?
なんと江戸時代に介護休暇制度があったというものです。

光秀と介護休暇?
どんな関係があるの?と、思われたことでしょうね。

8年後の2025年、日本は超高齢化社会になるそうです。
団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になるに伴い、
日本の3分の1が高齢者になってしまうため
「2025年問題」ともいわれています。

そんな中、今年から、従来の「介護休業」に加え
1日単位でも休める「介護休暇」を認めるよう企業に義務付けられました。

ただ「制度はあっても現実には休めないよ」という
ビジネスパーソンは多いのではないでしょうか。

そういう意味で、日本では介護休暇がすんなり取れる時代は、
まだ遠いのかもしれません。

しかし介護休暇制度が江戸時代に
すでに実施されていた記録が発見されました。
しかも当時、その介護を引き受けようとしていたのは女性ではなく
武士だったというのですから驚きです。

介護休暇制度を実施していたのは京都の亀岡市にあった「亀岡藩」。

まずは、どのように実施していたのか、
ある武士が藩に「介護休暇」を願い出た文書が残っているので
ご紹介しましょう。

以下は「京火消詰」(消防士のように京都の火消を担う職務)に就いていた
伊丹孫兵衛という藩士が京都の「亀岡藩」に介護休暇を願い出た文書です。
(京都府総合資料だより2005年10月1日第145号より抜粋)

以下のように意訳されています。

「私の祖母が、先頃から病気で、今も調子がよくないと
亀岡から連絡がありました。
老人のことですから、全快するとは思えません。
なにとぞ、祖母の命があるうちに、暫くでも看病をしてやりたいので、
火消詰の休業をお願いします。
はなはだ恐れ入りますが、看病のためお暇を下さりますようお願いいたします」

この申請を受けた亀岡藩は協議を行い、
伊丹孫兵衛は5日間、介護に専念した結果、
幸いにも祖母は快方に向かったため、無事に現場復帰したのだそうです。

つまり江戸時代には、「士農工商」の身分制度のもと、
藩士(武士)は藩の仕事を優先すると思っていたのですが、
亀岡藩は少なくともそうでもないようです。

もしかしたら「亀岡藩」が特別だったのでしょうか。

亀岡藩があった亀山城といえば・・・そう。
あの明智光秀が築城した城です。

JR京都駅から嵯峨線に乗り換えて約20分。
川下りで知られる保津峡を越えると数分でJR亀岡駅に到着します。

今は、城は取り壊され、亀山城址だけが残っています。

実は、亀岡市が配っているパンフレットが驚きなのです。

そのパンフレットには、表紙に大きく
「一人でも多くの人に知ってもらいたい明智光秀 京都府亀岡市」
と書かれています。
http://www.kameoka.info/mitsuhide/

しかも「戦国の世を波乱万丈に生きた明智光秀をNHK大河ドラマに!
署名活動にご協力をお願いします」
と書かれたリーフレットが添えられています。

どうやら、この町にとって明智光秀は特別な存在のようです。

明智光秀が亀山城を築城したのは440年前の1577年(天正5年)。
丹波攻略の居城とするためでした。

光秀はその後、丹波を平定したものの1582年(天正10年)に
「本能寺の変」を起こし、「山崎の合戦」で秀吉に敗れました。

亀山城はその後、豊臣家の支配下に置かれ、
江戸時代には徳川家の支配下で「亀岡藩」の城となりました。

しかし明治維新後の1873年(明治6年)、明治政府の廃城令により廃城が決まり、
4年後の1877年(明治10年)に天守閣が取り壊されています。

今は城址は公開されていて、その中に明智光秀が築いた城の石組みや、
かつての亀山城を偲ばせる水郷の風景が残されています。

明智光秀が亀山城に居たのは、築城から本能寺の変を起こすまでの
5年ほどの期間だけです。

それなのに亀山城址には今も明智光秀の面影が残され、
地元の人々は今も明智光秀を慕っておられるのです。

440年間ずっと、明智光秀はこの町に生き続けてきたのでしょう。

それを裏付けるように、観光案内所で渡されたパンフレットには
「光秀の知られざる功績!」が5つ挙げられています。
とりあえずタイトルだけご紹介しましょう。

1. 丹波攻略に着手した光秀がとった、統治者としての手腕
2. 国人衆らを家臣として任用
3. 人心を掌握し、旧幕臣衆をうまく任用した「光秀の人材抜擢術」
4. 校則?社則?いち早く管理システムを確立した光秀の「家中軍法」
5. 城下町「亀岡」の都市計画!亀山城築城時における計算された町づくり

 
このタイトルだけを見ても、光秀がこのまちや家臣のために
尽力したことがわかります。

なかでも3番「光秀の人材抜擢術」には
「合戦で討ち死にした家臣を列記し、
近江国の西教寺に供養米を寄進しているのをはじめ、
合戦で負傷した家臣に対する疵養生の見舞いの書状がいくつも残っている」と
エピソードが添えられています。

どうやら、光秀は家族や家臣をとても大切にする武将だったようです。

そんな光秀の“家臣を思う心”は江戸時代にも
この地に受け継がれていたのでしょう。
だからこそ亀岡藩では介護休暇を認めていたのかもしれません。

亀岡市の公式サイトには充実した福祉の内容がズラリと紹介されており、
光秀の精神は今の亀岡市にもうかがい知ることができます。

さらに言うと、明智光秀といえば主君の織田信長を「本能寺の変」で倒した
謀叛人というイメージがありますが、反面、それが成し遂げられたのは、
光秀の家臣たちが「敵は本能寺にあり」の言葉を聞いても疑わず、
光秀に従ったからとも言えます。

家臣たちだって「敵は本能寺にあり」と聞いて
「なぜ、本能寺に向かうのか」と疑問を持った家臣もいたのではないでしょうか。
そして「強大な力を持つ信長を討つなんて、とんでもない。
もう光秀には従えない」と思って離反しても不思議ではありません。
そうなっていたら「本能寺の変」は起こらなかったでしょう。

しかし家臣たちは何も言わず光秀に従ったのです。
「本能寺の変」は家臣の忠義があったからこそ、
成し得たといえるのかもしれませんね。

最後に、今に語り継がれる明智光秀の言葉をひとつご紹介しましょう。

「あの人物は俺の重臣だが、昔、父の領内で農夫をしていた。
それを父が登用してまず足軽にした。
おそらく、あの時の恩を忘れず、農民だった初心で父の霊を弔っているのだ。
武士はすべてああありたい。」

これからの超高齢化社会にも企業の経営者が光秀のように考えられたら、
介護休暇制度にとどまらず、
働きやすい職場が整っていくのかもしれませんね。

大切なのは会社が社員を大切に思う心だと、光秀は教えてくれているようです。

さんも、一度亀岡に足を運んでみられたらいかがでしょうか。