近未来のお話ですが、
少しずつ現実味を帯びてきているようですよ。

アメリカの話ですが、ちょっと想像してみてくださいね。

あなたはスマホからスーパーマーケットに注文を出そうとしています。

今日は、ひき肉とコーラ、卵にキャベツと、それにビスケットにアイスクリーム、
そしていくつかの冷凍食品を頼むつもりです。

しかし、今から注文すると配送までに6時間ほどかかりそうです。
これでは夕食には間に合いそうにありません。

するとあなたは奇妙なボタンを発見したのです。

「慈悲深き隣人」。
あなたはそれをクリックしました。

数10分後、あなたは隣に住む魅惑的な女性の訪問を受けました。

「今日は何料理なのかしら? 
どうでもいいけど、コーラはせめてダイエットにしといたほうがいいわよ」。
女性はウィンクしながら、あなたが注文した食品を手渡してくれました。

「なぜ、私が注文したことを知っているんですか?」。

「たまたまタイミングが合ったから、運んであげようと思ったの」。

あなたは、この隣の女性と初めて話したのです。

翌日あなたはスマホから女性アーティストのCDを注文しました。
限定版に特典としてついてくるDVDをどうしても手に入れたかったからです。
しかもDVDにはライブのチケットが当たる抽選券が同封されているのです。

またしても、あなたは「慈悲深き隣人」のボタンを発見するのでした。
誘惑に抗えず、ふたたびあなたはそれをクリックしました。

待つこと20分後、あなたは若い男性の訪問を受けました。

どこかこの男に見覚えがありました。
そうか、通勤途上でよくすれ違う同じブロックの住民ではないか。
いつも暗い顔をしている、あの男だ。

男はCDを差し出す。
「はい、これ。4曲目が最高だよ」。
男はそういってドアを閉めた。

きっと次から街を歩くときには、風景が変わっているだろうな・・・
と、あなたは思いました。
なぜなら、ネットで注文すると、なんと近くの住民たちが運んでくれるのです。

どこか小説風ではあるものの、これは笑い話ではありません。

アメリカの流通で実際に検討されている内容なんです。
これからは配送業者ではなく、消費者そのものを利用しようとしているのです。

想定されるケースを簡単に説明しましょう。
お客が店舗に向かう。

商品を見ると2重価格になっています。
そこには、例えば通常価格は10ドル、
一方でラストワンマイル配送ならば9ドルと書かれています。

後者を選べば、1ドル安価に買える。
その代わりに、あなたは隣人が注文したものを手に取り、
買い物の帰りに隣人に届ける義務を負います。

ラストワンマイルとは、文字通り「最後のワンマイル」であり、
消費者に届ける最後の配送のことです。

これまでこの部分は専門業者の独擅場でした。
日本で言えば、ヤマト運輸や佐川急便、日本郵便などが担っている分野です。

そこに消費者の力を借りるとは、コロンブスの卵的な発想(発送)ですね。

しかし、まさにこのラストワンマイル配送をめぐって、
熾烈な競争が繰り広げられているのです。

ラストワンマイルを制するものがビジネス上の利益と、
何よりビッグデータを手に入れられるからです。

これを真剣に考えているウォルマートによるとこういう仕組みです。

お客はサインアップをして、割引を受けることと引き換えに、
帰宅途中に荷物を運び、その荷物を届けることで
お客はサプライチェーンの一部になります。

現在、ウォルマート自体は、アマゾンや、
他のネット通販サイトに対抗するために、
店舗からの配送サービスを積極的にアピールしています。

これは、リアル店舗を有する強みを最大限に発揮するもので、
文字通り近くの店舗からスピーディーに配送し、
物流センターから配送する業者との差を見せようとしているのです。

また同社は、その店舗で受け取りも選択できるサービスも始めています。

いまウォルマートは、配送にフェデックスといった業者を使っていますが、
当日配送サービスについては「ウォルマートトゥーゴー(“Walmart To Go”)」と呼び、
自社宅配トラックを用意しています。
他のネット業者は急拡大しているし、他の小売業者との闘いも熾烈です。

これまでアマゾンやネット専門業者に押され気味だったイメージの
ウォルマートではありますが、同社は毎週末に大波のように
店舗へ訪れる数百万人の顧客名簿を有しています。

この数百万人のお客が自社配送業者として「活用」できれば、
彼らにとっては形勢逆転のキッカケともなります。

フォーブスの記事によれば、隣人への配送を「親切ゆえに受け取れる割引
(discounts for being so kind)」と言っています。
また近隣とのコミュニケーションや、
買い物弱者の救済などにもつながるかもしれません。

一方で、アマゾンはむしろラストワンマイルを強化するために、
自社トラックを増強し、配送期間の短縮や、
時間指定配送の正確さ向上等に取り組んでいます。

ウォルマートの進めるラストワンマイル配送が親切心のみからかは分からないものの
ラストワンマイル競争の一端を示しているとは言えます。

ところで、問題がないわけではありません。
ラストワンマイル配送を、自社配送しないのであれば、
あるいは特定の業者に委託しないのであれば、
考えられる課題がいくつもあります。

たとえば、盗難、
軽度の外傷を含む破損、
水濡れ、
詐欺…

といったことはありうるでしょう。
法律上の問題もあるし、
保証を誰がどの程度ほど持つべきかも明確ではありません。

しかも、気持ち悪いといった感想もありうるでしょう。
それに、一度、誰かが家にやってきたあとに
ストーカー行為をされたらどうするべきなのか。
何より、知らない誰かがやってくるのは恐い。

もちろん、このラストワンマイル配送は、
お客のみに頼ろうとしているわけではありません。
現在の流れは、この配送をクラウドソーシングしようとする動きです。
クラウドソーシングとは、ご存知の通り、
インターネットを使って不特定多数のひとたちに、業務委託を依頼することです。

配送をクラウドソーシングするとは、文字通り、
「荷物を運んでほしい」人たちが各種条件を開示し、
「荷物を運びたい」人たちが応募するものです。
ウォルマートもこれらクラウドソーシングを検討しています。

例えば、トラック業者が遠方に荷物を届ける際、
クラウドソーシングを活用して帰路に荷物を載せれば
トラックの有効活用になるでしょう。

それに売上にもつながります。

アメリカの業者の一つzipmentsは、
95%のドライバーがプロフェッショナルであるといい、
しかも各ドライバーの経験年数が4年を超えるそうです。

しかし、この配送のクラウドソーシングに
各社がビジネスチャンスを嗅ぎとっているのも事実です。

ラストワンマイル配送のクラウドソーシングを狙った
スタートアップもたくさんあるし、
日本でもクラウド型の配車管理システムがいくつも登場してきています。

もちろん、そのすべてがうまくいくかどうかはわかりません。

それにしても、これからは商品の買い先が多様化するだけではなく、
配送人も多様化する時代がやってきています。

私たちは消費者でありながら、高度資本主義における
商品の届け手になっていくのでしょうか。

隣人をいつの間にか「おつかい」に使い、
知らぬ間に隣人から「おつかい」に使われる時代。

そういえば、私の子供のころ、近所のおばちゃんが
「買い物に行くけど、何か買ってきてあげようか?」と
声をかけてくれていたことをこの記事を書きながら思い出しました。

日本ではお互い様の気持ちで近所づきあいをしていました。
もし、ごく当たり前に、自然にそんなことができる世界ができたら
それは素晴らしいことかも・・・。