5回目は、資産分散の考え方についてです。

海外への資産分散という点を中心に考えてみましょう。

『資産を分散して持つということ』

日本に住まれ、現在、日本で所得を取られている皆さんは、これから先、
一生日本円というお金を給与として、所得として貰っていく可能性が高いと思います。

今まで、資産を3つに分けるのが、分散手法として良いと言われてきました。

・ひとつは現金。
・ひとつは不動産。
・ひとつは金融資産。

しかし、現代における3分法は違います。

日本とそれ以外の通貨2種類、合計3つの国で資産を持つことが重要です。

日本だけで現金・不動産・株式を持っている場合、万が一、年金崩壊、
国債暴落などがおき、日本円が大幅に下落するようなことがあれば、
その資産の全てが、他国の通貨に対して暴落してしまいます。

円の価値が下がったとしても、日本国内で一生生活するのであれば、
インフレなどの厳しい状況になったとしても、なんとか生活していけるかもしれません。

しかし、海外旅行に行きたいと思っても、大きな費用負担をしなければ、
楽しい旅行もできなくなってしまいます。

自らの子供たちの教育のこと、両親の介護や医療に対してのこと、
様々な可能性を奪ってしまうことになります。

2008年の夏以降、韓国ウォンはほんの数か月の間に、半分以下の
価値まで落ち込みました。

韓国内だけに資産を持つ方々は、他の通貨に変えようとした時に、
今までの倍のお金を支払わなければならなくなりました。

お隣の韓国で起きたことが、日本では絶対に起こらないということはありえません。

EU諸国を見てみてください。
大幅な失業率の上昇が、大きな社会問題になっていますよね?
働きたくとも、働く場所が全くないという状況に陥っています。

何処の国で何が起こっても不思議ではありません。
だからこそ、資産を分散する方法についても考える必要があります。

日本円で稼いでいるから、今ある資産を円以外のものに変えるということ。

現在日本円で給与をもらい、お金を稼ぎ、今後も日本円で給与をもらい、
お金を稼ぎ続けるからこそ、今ある資産、必要最低限以外のものを、
日本円以外のものに変えておくことが大切です。

例えば、30歳のAさん。 
今後も今勤めている会社に一生勤務していこうと考えています。
1年間の給与は300万円で、ずっと給与が上がらないと仮定します。

それでも60歳までの30年間では、合計で9,000万円の給与を
日本円でもらうことになります。

仮にAさんが、今の時点で300万円の預金があるとした場合、
全額海外に作った銀行口座に入れておき、通貨を変えたとしても、
日本の資産30に対して、海外資産は1でしかないのです。
(9000万円に対して300万円という計算)

ポートフォリオのバランスを考えた場合、総資産の僅か3%しか
海外への資産分散ができていないことになります。

皆さんも自らに置き換えて考えてみてください。
円というお金の価値がもし暴落した時は、海外においてある資産は
その分資産価値を増すことになります。 

仮に1ドル90円が、180円の円安になったなら、海外に出したお金は
日本に戻した時に倍の価値に跳ね上がります。

1,000万円のお金が2,000万円の価値になります。

ソビエトが崩壊したとき、ルーブルという通貨は僅か1年間で
1万分の1くらいまで暴落しました。 

つまり、1億円が1万円の価値になってしまいました。
この時に1万円を海外の通貨で海外に預金をしておけば、
1年後には1億円の価値に跳ね上がったということです。

『備えあれば憂い無し。』

これからの時代、皆さんがどのような状況になるのかもわかりません。
まずは資産を日本以外に分散しておくことを強くお薦めします。

海外の銀行に自らの口座を作り、そこに資産の一部を入れておくこと。
これを最初の一歩として、皆さんに行って頂きたいと思います。

それでは何処の国の口座が良いのか?
日本からも近く、ネットバンキングも発達した香港の幾つかの銀行が
良いのではないかと思います。

しかし、まずは口座を作る前に、海外に出て肌で感じてみること。
これが始まりとなります!

まずは、海外に一歩出て感じてみてください。

 

明日は、『海外のビザを取得する意味』ついてお話します。