さて、今年最後のメルマガは、今人気の
NHKの朝ドラで人気の「マッサン」のはなし、

ではなく、
このマッサンのモデルになっている
竹鶴政孝に関わるニッカウヰスキーについてです。

感動したので、今年最後のお話にさせていただきました。

ウイスキー市場が低迷を続ける中で、
ニッカウヰスキーの「竹鶴」などが注目を浴びているのをご存じでしょうか。

「そんなの知ってるよ。NHKの朝の連続ドラマ『マッサン』効果で、
売り上げが伸びているんでしょう? 
どこかのメディアが報じていたよ」
と思われるかもしれません。

「マッサン」はニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝と
妻リタの生涯を描いたストーリーで、
百貨店やスーパーなどでは「ドラマを見て『竹鶴』を買いに来た」と
指名買いする人の姿も見られるといいます。

確かに、よく売れています。

「竹鶴」の2014年の販売目標をみると、
前年比15.3%増の12万8000箱(1箱:8.4リットル換算)としていましたが、
ドラマの注目度が高まるにつれて売り上げは伸び、
9月に40%増となる15万5000箱に上方修正しました。

しかし、海外に目を向けると、このドラマの人気に全く関係なく
国内以上の盛り上がりを見せているのです。

ニッカブランドのウイスキー輸出量をみると、
2006年には1800箱に過ぎなかったのが、2013年には7万6000箱に。

この7年間に、輸出量は実に42倍ほど伸びているのです。
2014年の目標は前年比32%増の10万箱を掲げていて、それも超える見込みです。

「日本のウイスキーの父」と呼ばれている竹鶴政孝が生まれて、今年で120年。
ニッカウヰスキーが北海道・余市に創業して、今年で80年。

なぜ海を越えて、ジャパニーズウイスキーが注目されるようになったのでしょうか。

その理由は、
国際的なウイスキーコンクールで高い評価を受けたことが大きいそうです。

2001年に英国のウイスキー専門誌によるウイスキーテイスティング大会
(現在は「(ワールド・ウイスキー・アワード(WWA)」として開催)で、
「シングルカスク余市 10年」が世界最高点を獲得しました。

国産のウイスキーが最高点を獲得したのは、初めてのことだったのです。

その後も「余市」のウイスキーは、毎年のように国際的な賞を受賞しています。

また、「竹鶴」もたくさんの賞をとっています。
例えば「竹鶴17年ピュアモルト」は、
国際的なコンテスト「WWA2014」において、
世界最高のピュアモルトウイスキーとして認定されました。

国際的な賞をどのくらい受賞しているのか数えてみると、
「余市」が24回、「竹鶴」が19回。

このほかのブランドもさまざまな賞を受賞しているので、
海外の人たちにニッカウヰスキーが認知されてきたのではないでしょうか。

どのようにして賞が決まるのか?

グラスの中にウイスキーが入っているのですが、銘柄は分かりません。
いわゆるブラインドテイスティングによって審査されるんです。

審査員はウイスキー専門家、小売業者、ジャーナリスト、
蒸溜所のブレンダーなどが行いますので事前に操作はできません。

そういう審査を経て選ばれているので、本物なのです。

国を問わず、ターゲットになるお客さんは限られていて、
ウイスキーファンは常に情報を求めていますが、

ウィスキーの宣伝方法は特殊で、
テレビでCMを流しても、“砂漠に水をまくようなもの”。
広告・宣伝がまったく効果がないというわけではありませんが、効率がよくない。

むしろ、ウイスキーファンにどうやって接触すればいいのか、
といったことを考えなければいけないそうです。

展示会がメインになるそうです。

例えば、日本では「Tokyoインターナショナル・バーショー+ウイスキーライヴ」
という展示会が開かれているのですが、
その会場に入るのにはお金がかかります。
今年は、当日券が6000円です。
安くはないですよね? 

でもお金を払ってでも、新しいウイスキー、
いいウイスキーを探そうという人たちがいます。
ちなみに、米国で行われている展示会の入場チケットは、
270ドル(約30000円)もするそうですよ。

ウィスキーは、人気が出たからと言って、
どんどん売ればいいかというとそんなことはない。

と、いうところに私はある種の感動を覚えました。

ウイスキーは、発酵・蒸留したあと、貯蔵に長い期間が必要です。
例えば「竹鶴17年」なら、製品になるまでに17年以上待たなくてはなりません。

その時代の人間が、自分の売り上げ成績を上げるために、
ウイスキーをどんどん売ったとしたらどうなると思いますか?
 
そんなことをしたら、将来ウイスキーを販売できなくなってしまうんです。

例えば、「竹鶴17年」でいうと、17年前の方々が良い仕事をして
残してくれたおかげで、今、世に出せることができるわけです。

自分たちの仕事は、10年後、20年後の後輩たちに
“たすき”を渡すことでもあるとニッカの方は言われています。
その時、その時に、できるだけいい状態のウイスキー作りをして
あとに引き継いでいきます。

自分の取り組んだ仕事がいま評価されたり、作品を見れるわけではないのです。
その何年後、何十年後にわかるのです。

ウイスキー事業に携わっている人たちって、“駅伝の選手”のようです。
自分に与えられた区間はチカラを入れて走らなければいけませんが、
そこで倒れてはいけない。
できるだけいい成績で走り、次の区間の人に“たすき”を渡さなければいけない。

もし、自分が持っているチカラ以上のものを出し切って倒れてしまったら、
つまり売り切ってしまったら棄権しなければいけない。

それって、市場からの撤退を意味します。

今でも販売しようと思うなら販売することはできます。
でも、将来のことを考えれば、じゃんじゃん売ることはできません。
原酒の量を考えつつ、段階を踏みながら広げていくのだそうです。

じつに長いサイクルで仕事をされていますよね。

私ごとですが、本物のウイスキーを飲みたい人はニッカを飲むんだと
OL時代に呑兵衛のおじ様達から聞かされていました。
実際、私もニッカが好きでボトルキープは国産の場合はニッカでした。

ちょっとつまらない話をすると、
つい先日の忘年会で、店のスタッフの女性にウイスキーの水割りを頼んだら
とても不思議そうな顔をされました。
店長が来て、「ハイボールじゃないんですか?水ですか?」と
わざわざ念を押されました。

思いがけない出来事に、少々たじろいでしまいました。

ハイボールは昔からありますが、
ウイスキーを愉しむものではないと、ウイスキー好きの私は
いまだに邪道だと思っています。(個人的な意見ですので、お許しを!)

「ウイスキーは、やっぱロックだろう!」、と偉そうに言っていた時期は卒業して
美味しい水で割った、「水割り」を
愉しめるお年頃(?)に成長しています。

今回のお話を思い出しながら、新しい年も、「マッサン」をお楽しみください。