3月31日に中国政府は、これまで人への感染が報告されていなかった
鳥インフルエンザH7N9型の感染者が上海市で2人、安徽省で1人
確認されたと発表しました。

上海市の患者は、1人目が87歳の男性で2月19日に発症し、3月4日に死亡。
2人目は27歳の男性で2月27日に発症し、3月10日に死亡。
一方、安徽省の患者は35歳の女性で3月9日に発症し、重篤な状態とのこと。

発表によれば、3月29日に「中国疾病予防コントロールセンター」が
患者の病理標本から鳥インフルエンザH7N9型のウイルスを分離するのに成功し、
翌30日に専門家チームが3人の患者は人が鳥インフルエンザH7N9型に
感染したものであるとの最終的な診断を下したのだということです。


ところがすでに、3月初旬にネットの“微博(マイクロブログ)”に、
“上海第五人民医院”で何件かの原因不明な死亡例が出ているとして、
「医院は真相を公表してほしい」との書き込みがあったのです。

この書き込みは間もなく削除されたのですが、
3月8日に“上海市衛生局”は、「上海第五人民医院に収容した3人のうち2人は
“重症肺炎”で死亡したが、検査の結果、鳥インフルエンザなどの
伝染病ではないことを確認した」と発表して、
上海市民の伝染病流行に対する不安を打ち消そうとしました。
 
上述したように、中国当局は3月31日になって、
上海市で87歳の男性が鳥インフルエンザH7N9型に感染して死亡したことを
発表しましたが、これは患者の死亡から27日後の発表です。

庶民は当局がH7N9型の感染を隠ぺいしようとしたか、
あるいは、3月5日から17日まで北京で開催されていた
「第12期全国人民代表大会第1回会議」への影響を考慮して
発表を故意に遅らせたのではないかと疑念を深めたのです。

 
同会議では、習近平が国家主席に、李克強が国務院総理に選出されて、
今後2期10年間にわたり「習李体制」による国家統治が行われることが確定しました。
その会議の最中に鳥インフルエンザH7N9型の人への感染が発生し、
習李体制が発足した直後にその事実が専門家によって確認されたのです。
 
ところで、これと全く同じ構図をどこかで見た覚えがないでしょうか。
それは、今から10年前にさかのぼるSARS事件です。


中国共産党の「第16回全国代表大会」が2002年11月8日から14日まで北京で開催され、
胡錦涛を総書記とする政治局常務委員9人が選出されて、胡錦涛政権が発足しました。

しかし、同会議で選出された軍事委員会の主席には前総書記の江沢民が残留し、
総書記となった胡錦涛は副主席に留まったのです。
この結果、総書記の座を明け渡した江沢民が胡錦涛を差し置いて実権を握り、
院政を敷くことが予想されました。

こうして胡錦涛政権がスタートを切った翌日の11月16日に、
広東省順徳市で、後に世界で「SARS(重症急性呼吸器症候群)」と呼ばれる
病気の患者が発見されたのです。

このことは、江沢民グループに属する李長春に速やかに報告されましたが、
江沢民の「穏定圧倒一切(安定がすべてに優先する)」という方針に従い、
広東省の張文康に隠ぺいを指示しました。
さらに、報道の禁止も指示したため、一切知らされることはありませんでした。
 
2003年3月5日から18日まで、「第10期全人代1会」が開催され、
胡錦涛が国家主席となり、政治局常務委員の“温家宝”が国務院総理に就任し、
名実ともに胡錦涛政権が成立しました。

しかし、その「第10期全人代1会」が開催されている最中に、
香港に滞在していた広東省の医師がSARSで死亡したことが全世界に報じられました。
この結果、SARSが広東省で蔓延している可能性が疑われ、
「世界保健機関(WHO)」は中国に対して国内におけるSARSの発生状況
および拡散範囲を報告するように要求を出しました。
 
これにより、張文康はしぶしぶ要求に応じ、中国国内におけるSARSの発生状況を
発表したが「広東省内における感染者は792人で、死者は31人」と発表し、
広東省以外の地域については言及しませんでした。

これに不審を感じた胡錦涛は、地方政府に対してSARSの発生状況を
毎日報告するよう求め、報告の遅滞や脱漏、虚偽を禁じる旨の指示を出したが、
江沢民を後ろ盾とする張文康はこれに公然と反発し、
張文康自身が記者会見の席上で、「私は責任を持って言うが、中国は仕事、生活、
旅行のいずれの面でも安全である」と述べて、事実上の安全宣言を行ったのです。

しかし実際は、中国国内では南に位置する広東省を発生源とするSARSは、
首都の北京市を含む20以上の省・自治区・直轄市に蔓延しており、
既に制御不能な状態に陥っていました。

北京市の中心部にあり、中国の党・政府の要人が居住する“中南海”にも
SARS感染の危険性が迫ると、身の危険を感じた江沢民は、SARSとの戦いの全責任を
胡錦涛と温家宝に押しつけ、家族全員を引き連れて自身の本拠地である上海市へ逃げ
上海市内にある邸宅へ引きこもってSARSの難を避けたそうです。
 
江沢民が避難した上海市では、江沢民の“穏定圧倒一切”の方針に基づき
市内の病院にSARS患者が何人収容されようとも、公表するSARS患者数は一貫して
4人であり、SARSが鎮静化された時点でもわずか7人に過ぎませんでした。

一方、米誌「タイムズ」が当時伝えたところによれば、
2003年4月22日にWHOの専門家チームが北京市の309医院を視察した際には、
同チームの到着数時間前に、収容していた40人以上のSARS患者を
1軒のホテルに移して隠ぺいしていました。

また、同じく専門家チームが視察した日中友好病院でも、
収容されていた31人のSARS患者を何台もの救急車に押し込めて、
実際の患者数を偽装していました。


こうしたSARS患者数の偽装工作は、SARSとの闘いを陣頭指揮することになった
胡錦涛と温家宝の知るところとなり、その首謀者の張文康は、
4月26日に開催された「全国人民代表大会常務委員会第2回会議」において
衛生部長の地位を罷免されました。

これを境として中国はSARS撲滅のための取り組みを本格化し、
WHOは2003年6月24日に中国をSARS流行地域から除外したのです。

WHOの統計によれば、2002年11月から2003年7月までの
中国国内におけるSARS感染者数は5327人、死者は349人に上りました。

そればかりか、中国がSARSの発生を隠ぺいしたことにより
同期間内に全世界の感染者数は8089人、死者は774人に達したのです。
 

さて、前述したように、今回の鳥インフルエンザH7N9型の蔓延は
習近平政権の本格始動直後ということで、胡錦涛政権の本格始動直後に蔓延が
表面化したSARSの時を彷彿させるものがあります。

それでは今回は情報の隠ぺいはないのでしょうか。

4月5日にポータルサイト“新浪網(sina.com.cn)”のマイクロブログに
上海市のある“総経理(社長)”が書き込んだ緊急通知には、
「たった今、病院に勤務している友人から電話があり、
今回の鳥インフルエンザは非常に深刻であると言っている。
世間のメディアは情報を封鎖している。
伝染の程度は10年前のSARSの時と大差ない」と述べています。


ちなみに、中国では4月4~6日が先祖の墓参りをする“清明節”の連休でした。
その連休前日の4月3日、上海市に居住する江沢民は生まれ故郷の江蘇省揚州市を
訪れて先祖の墓に詣でました。

メディアは、「江沢民は半月ほど故郷に逗留して、心身の休養を取る」と
報じましたが、この記事を読んだ庶民は江沢民を嘲笑して次のように述べたといいます。

「SARSの時は感染を恐れて、北京から上海へ慌てて避難したが、
今回は感染を恐れて、H7N9型が蔓延する上海から揚州へ逃げた」と。


ところで、鳥インフルエンザH7N9型に感染しないためにはどうしたらよいのか。

中国では予防薬として“板藍根(ばんらんこん)”という生薬が脚光を浴び、
H7N9型の流行が報じられるや否や争奪戦を演じるほどの売れ行きで、
品薄状態になっているそうです。

その紹介文によれば、板藍根はタイセイやホソバタイセイというアブラナ科の
植物の根を乾燥させた生薬で、抗ウイルス、抗菌、免疫増強、解熱消炎などの
作用があると書かれています。
日本ではほとんど知られていない板藍根ですが、
中国では「風邪やインフルエンザの予防、発熱やのどの痛みなどの症状」に効くと
される馴染み深い生薬です。

日本では風邪の初期には「葛根湯(かっこんとう)」を思い浮かべますが、
それが中国では板藍根だと思えばいいのでしょう。

なお、葛根湯は風邪の初期だけに効く発汗剤的な生薬ですが、
板藍根は各種の薬効を持つので服用する時期が限定されていません。

板藍根は危機が迫った時に登場するスーパーヒーローみたいなもので、
本業の風邪やインフルエンザだけでなく、B型肝炎やSARSなどの厄介な病が
流行すると庶民が信奉する万能薬です。
2003年にSARSが蔓延した際にも庶民は板藍根を求めて薬局に殺到し、
品不足により価格は一挙に上昇しました。

今回もH7N9型の流行が報じられると、庶民はまたしても板藍根を思い出し、
薬局に走ったのです。
ただし、板藍根がSARSに効いたという話も聞かないし、
H7N9型に効くという話もありません。
逆に、飲み過ぎれば副作用があるのだということです。
それでも庶民は板藍根をH7N9型にも効く万能薬だと思って争奪戦を演じています。


SARSの時と違い、中国内での感染の報道は緩やかですが、
日々少しずつ広がって行っています。
報道を規制しているのかいないのかは知る由もありませんが、
これ以上広がらないこと、また世界に飛び火しないことを切に願うばかりです。