厚生労働省の調査によると、50歳を過ぎても、
課長や部長といった管理職に就いていない人の割合が55%と半数を超え、
この20年間で8.9ポイント増えたそうです。

年功序列の崩壊を具体的な数字で示され、改めて今までの働き方が
期待できなくなったことがクローズアップされたのです。

そこで今回は、「管理職厳選の時代」について考えてみようと思います。 
  

例えば、「ピーターの法則」という法則があります。 

これは組織に「無能な上司」が多い理由を説明する際に用いられるもので、
カナダ人教育学者のローレンス・J・ピーター氏が提唱したものです。

人間には能力の限界もあれば、
出世に伴って仕事の内容が変わることに対して
うまく適応できないこともあります。

例えば商品を販売する能力の高い人が、
必ずしも管理職としての能力も優れているわけではありません。 

働く人は仕事で評価されると、1つ上の階層に出世していく。
そして、いずれは自分の仕事が評価される限界の階層まで出世する。 

今までの時代の流れでは、そう言う感覚をもっている人が多いのですが、
その結果、出世してたどり着いた地位がその人にとって「不適当な地位」と化し、
周りからは「無能」と評されるようになることがあります。 


ピーターは、「階層社会の各構成員は、
各自の力量に応じて無能なレベルに達する傾向があり、
分相応に出世したらそれ以上の出世は望まないに限る」とし、
仕事の報酬として昇進という決まったルートを作る企業に警鐘を鳴らしたのです。 


無能な上司、使えない上司。
どこの会社でも、そうやって部下から冷笑される人はいるし、
誰かが「あの課長、最低」などと一言発した途端に、
「そうそう。全く使えない」「何もやってないくせに高い給料だけもらっている」などなど、
ダムが決壊がしたかのごとく、上司の悪口大会になることは結構ありますよね。 


そんな「無能な上司」には、誰だってなりたくない。 

 “無能な上司が多い”からピーターの法則ができ、世間に広まった。

つまり、「無能な上司」と陰口をたたかれ、部下や周りから、
「ダメな人」と烙印を押されてしまうくらいなら、
管理職などならない方がよほどいい。 

それに「無能」などというイヤな言葉で形容されなくとも、
管理職に適応できない人はかなりいます。

課長というポジションに課せられた責任を重圧に感じ、
疎外感を抱き、「自分の居場所がない」
「自分は必要とされていないんじゃないか?」と不安になり、
自身の存在意義を見いだせずにストレスの雨に降られ続けてしまうのです。


しかし、考えてみると、今のこの現象は、
かなり乱暴な解釈ではありますが、
管理職厳選の時代到来で「無能な上司」に成り下がるリスクが減少したのです。 

また、管理職厳選の時代到来で、自分のキャリアと向き合う
節目の年齢が若返ったという利点もあります。

組織に泳がされる時代から、自分で泳ぐ時代になったということです。
ということは、自分なりの価値観を、働くうえでも求められるのです。 

それは、やりがいや生き方を自分で作る作業でもあります。

管理職にならなくとも、出世しなくとも、自分の泳ぎ方次第で、
やりがいを手に入れるチャンスが到来したのです。

それを放棄すれば、1日24時間の3分の1以上を費やす、
会社での時間はただ「過ぎゆくもの」となります。

自分がどう生きるか? 

流されるだけの人生にするか? 

それとも自分で流れを作るか?  

それを自ら決める時代。
本当の意味で“自由”になったということではないでしょうか。

大体、「管理職=会社に貢献している人」なんてことはないわけで。 

管理職でなくとも、マンネンヒラでも、会社の生産性に貢献している人たちは
たくさんいます。
管理職だけが、会社の業績に貢献しているわけじゃない。
誠実に、腹の底から真真面目に、必死に会社のために働いている人たちが
どこの会社にもいます。 

そういう人たちの力を最大限に引き出す制度、
かつてない組織形態を、会社も最大限に想像力を働かせて作らない限り、
それこそ厳しい競争に打ち勝つことなどでできるわけがありません。 


アメリカに、上司ゼロで全員が同僚という会社があります。

 “First, Let’s Fire All the Managers!
(マネジャーのいない会社を作ろう!)” 


こんな型破りの企業が、米カリフォルニア州のサクラメントに存在します。

モーニング・スター・カンパニーという、
世界最大のトマト加工品を生産する会社です。 

同社にはマネジャー(管理職)がいません。

部長、課長などの肩書が存在せず、昇進の階段も全くありません。
上司ゼロ、全員が同僚なのです。 

だからといって全員が対等なのではなく、
周囲から高い評価を受ける人は、高い賃金を得ることができるのです。 

会社の生産に役立つスキルを身につけたり、
同僚の役に立つ働きをしたり、そのための新しい方法を見つけたりして、
一緒に“同僚”たちから、「この人は組織に貢献している」と認められれば、
それが賃金に反映される仕組みです。 


もちろん、社内競争はあるけど、どんなポジションに就くかが
ゴールではないのです。

肩書ではなく、責任ある行動を成し遂げたかが問われる仕組みを、
この会社では実践しているのです。 

しかし、この制度もいいことばかりではなく、悪い面もあります。

特に自主的に動けない人や、長い間階層社会を登ることに親しんできた人が、
なじめずに辞めることも多いそうです。 


だが、マネジャーのいない組織という、大胆な発想の転換を行ったことで、
社員の自主性が高まり、専門性も深まるようになり、
社員の満足度も向上、業績アップにつながっているようです。

大幅なコストが削減され、昇進競争に伴う足の引っ張り合いや、
社内政治、あるいはゴマすりもなくなったそうです。 


最後に、この先、管理職の行方はどうなるのか想像してみましょうか?  


ピーターの法則の変形版と言われる「ディルバートの法則」を世に広めた
米国の漫画家、スコット・アダムズは、
「組織の生産性に直接的に関係しているのは組織の下層部で働く人たち。


企業は損失を最小限にするために、
最も無能な従業員を管理職に昇進させる傾向がある」と皮肉った。 
  

ん? 
ってことは、管理職の賃金の方が高いこと自体がおかしくない? 


近い将来、非管理職の方が賃金が高くなる? 
そんな時代が来る、なんてこともあるかもしれませんね。