海外進出

日本の治安の良さは、世界にも誇れるものです。日本の土地で育ってきた人間からしたら、海外には多くの危険があふれています。
しかし、ビジネスの拡大の為に海外への進出を行う企業は後を絶ちません。
ビジネスの為に海外へ進出するのであれば、以下の点を考えましょう。

1.進出の目的
何のために海外進出を行うのでしょうか。
コストダウンを考え、人件費の抑えられる国へ進出を行うのか、または優秀なエンジニアなどを求めての進出なのか、国内での不振を打破する為の進出なのか、等々…その目的は企業によって異なります。
まずは進出の目的をはっきりさせた上で、次の行動に移すべきです。
この核となる部分がぶれていると、何をしたら良いのかさえわからなくなってしまいます。
また、共同企業なのか独立企業なのかでも進出の形は変わっていきます。

2.コストの削減
自分の会社の財政状況に見合った進出を測りましょう。
きっと成功すると踏んで、借金までして初期投資を施しても失敗してしまってはなにも残りません。
海外進出は夢も大きく膨らみますが、その分リスクが有るということを十分理解し、コストはできるだけ削減するように心がけた方が良いでしょう。

3.販売計画・販売見通しの確保
とりあえず進出してから顧客を探す、などという行為はただで際高いリスクをさらに跳ね上げることになります。
まずは、進出する前に納品先や、顧客を見つけることが大切です。
販売の見通しが立ってから実際に進出する方が安定してビジネスをする事ができます。

4.情報を提供する仲介者に注意
現地にいるパートナーはとても大切な存在ですが、それは「信頼の置ける」パートナーでなくてはいけません。
時には詐欺に合うこともあるので、提供された情報が本当に有益な情報なのか判断する必要があります。
信頼できるパートナーを自力で見つけるのが難しいというのであれば、国内で海外進出支援などを利用するという手段もあります。

このように記載すると危険が多いように感じる海外進出ですが、経営者が気をつけていれば、リスクはかなり少なくする事ができます。
悩んでいるのであれば、ぜひ一度弊社の海外進出支援サービスにご相談ください。