今朝、NHKの「ニュース深読み」ではエネルギーのことを話していた。

日本が海を活用して海底から資源を算出していることや、

風力発電など様々な角度からわかりやすく説明をしてくれていた。

 

そんななか、ニュースが飛び込んできた。

 

それは、アメリカ政府が日本へのシェールガス輸出を解禁したとのこと。

早ければ17年頃から入ってくる可能性があるようです。

アメリカは、 新型の「シェールガス」の増産を背景に、ガス輸出先の拡大を検討してきています。

輸入エネルギー価格の高騰に苦慮する日本政府の強い要請を踏まえた措置で、

これは日本のエネルギー調達構造や電力政策に大きな影響を及ぼすことでしょうね。

第1号として、中部電力と大阪ガスが参画しているフリーポート社(テキサス州ヒューストン)を認可。

1日当たりの輸出量に一定の上限を決めた上で、20年間の長期輸出契約を認めるそうです。