英語の必要性 現代はグローバル社会と言われています。
インターネットなどの通信機器が発達した現在では、国境を越えて様々なビジネスを行う事ができます。
近年の日本では会社法も改正され、資本金を必要としなくとも、起業が簡単行えます。
世界と渡り歩くようなビジネスをするときに必要なのは、やはりコミュニケーション力ではないでしょうか。

どのようなビジネスであっても、人と人とのつながり何よりも大切になってきます。
交渉や接待の時、相手に良い印象を与える事ができるかということが鍵になってきます。
そして世界の共通言語として定義されているのが英語です。
そのため、グローバル社会ではこの英語力がとても重視されています。

・対等な交渉
世界共通語である英語、やはり外国との交渉の場では必要になってきます。
同等の立場で話をするには、やはり同じ土俵に立って、同じ言語で話さなければなりません。
また、会話だけではありません。ビジネス文書も相手が読めるように英訳を行わなければなりません。
日本語の資料を渡して、そちらで翻訳をしてください、では親切さも全くありません。

・情報収集
インターネットの用語やビジネス用語でも、英語が多く使われています。
英語から日本語に翻訳されている情報の数は限られています。
そのため、情報収集を行うにしても、日本語の情報だけではどうしても偏りが出てしまいます。

・情報発信
ビジネスは、多くの人に周知してもらうことも重要です。
情報の発信方法が日本語だけでは、世界の人々がその情報をキャッチしてくれる確立はとても低くなってしまいます。

試験に合格するための英語しか学んで来なかったものにとって、この「グローバル社会」というものは、やりづらいものかと思います。

しかし、英語が出来て、なおかつ仕事もできる人、という人材は今後世界に市場を広げる社会にとって必要不可欠な物となっていくことは明白でしょう。
明日から英語を話せ、などということは現実的な話ではありません。
そんな時に役立つのが翻訳業者です。
弊社では通訳や翻訳と言ったサービスを通して、お客様のビジネスサポートを行います。
ぜひとも海外へ進出の際にはご用命ください。