翻訳のポイント 通信機器がとても発達した現代では海外と隔たりがなくなり多くの日本企業が国際競争社会に参戦しています。
昔から社内外とのやりとりに文書は欠かせません。
最近は、パソコンの発達によって文書作成の能率が向上したことでオフィスの文書はさらに増え、また、Eメールで仕事上の連絡を取る機会が増えています。
グローバル化した現代でも、メール、書簡などのビジネス通信文書から、マーケティング文書など幅広く、重要とされています。
またこれら文書には翻訳が必要になります。

そこで翻訳する際のポイントをまとめました。

・ビジネス文書はバックグランドの理解
専門知識や専門用語を使う文書ではその専門知識を持った上で翻訳をすることが好ましいです。

・社内用語や特殊表現
ほとんど企業に社内用語や特殊用語があるのではないでしょうか。
それらの言葉が翻訳をした時にギャップが生じないかの確認が必要になります。

・対象相手に合わせた文書の翻訳
技術者が対象の場合は専門用語を使い、簡潔にし、要約をまとめた文章にし、一般の方が対象になるものであれば簡単でわかりやすい日常的な用語を使った表現方法を心がけなければいけません。

・契約書関連の文書で必要なスキル
例えば、契約書の内容が技術関連のものの場合、翻訳者には法律知識、語学力、該当分野の技術知識などのスキルが同時に求められます。

このように翻訳には語学力だけでなく、専門知識や調査力、翻訳力が求められます。
翻訳力は原文に忠実でありながら、自然な文章に訳することができるというスキルです。
とくに日本語には、表現の豊かさにより複雑だったり、日常では使わない言葉があったりするので外国人が意味を理解することが難しいこともあります。
当社は、ネイティブチェックを通じて違和感なく通じる翻訳、自然な文章にするためのリライティングチェックによって本当に役立つ翻訳サービスを提供している翻訳会社です。
翻訳会社が必要になった際にはぜひ当社にお問い合わせください。